国立大学法人 総合研究大学院大学 規程集(学外)

トップページに戻る
最上位 > 第7編 大学教育研究
論文博士号取得希望者に対する支援事業及び帰国外国人留学生短期研究制度等における総合研究大学院大学論博研究者及び帰国外国人研究者の取扱について
平成17年5月11日
学 長 裁 定
(目的)
第1条 独立行政法人日本学術振興会が実施する「論文博士号取得希望者に対する支援事業」の支援を受ける者(以下「論博研究者」という。)を、本学の研究科において研究指導者の指導の下で研究を行う機会を与えること又は独立行政法人日本学生支援機構が実施する「帰国外国人留学生短期研究制度」の支援を受ける者(以下「帰国外国人研究者」という。)を、本学に再招聘し、本学と共同研究することにより、専門分野の研鑚を深める機会を与えることを目的とする場合、研究科において当該事業または制度に採択された研究者(以下「採択研究者」という。)を受入れることができる。
(受入資格)
第2条 論博研究者として受入れることができる者は、独立行政法人日本学術振興会が実施する「論文博士号取得希望者に対する支援事業」に申請し、採用が決定された者とする。
2 帰国外国人研究者として受入れることができる者は、独立行政法人日本学生支援機構が実施する「帰国外国人留学生短期研究制度」に申請し、採用が決定された者とする。
(受入期間)
第3条 受入の期間は、独立行政法人日本学術振興会又は独立行政法人日本学生支援機構が定めた期間とする。
(受入の決定)
第4条 採択研究者の受入は、当該機関からの採択通知をもって決定されたものとみなし、専攻委員会及び研究科教授会へ報告するものとする。
(研究期間の変更)
第5条 採択研究者を受け入れた研究科長は、採択研究者が研究期間を変更したときは、学長に報告するものとする。
(受入教員)
第6条 採択研究者の受入れに当たっては、専攻長が受入教員を定めるものとする。
(規則の遵守)
第7条 採択研究者は、本学の学内規則及び受入れ基盤機関の規則を遵守しなければならない。
(受入れの取消し)
第8条 採択研究者が、本学の学内規則若しくは受入れ基盤機関の規則に違反し、又は本学若しくは基盤機関の教育研究に重大な支障を生ぜしめたときは、学長は、当該採択研究者の受入れの決定を取り消すことがある。
(費用)
第9条 採択研究者の受入れに係る費用は徴収しないものとする。
(その他)
第10条 この裁定に定めるもののほか、採択研究者の取扱いに関して必要な事項は、研究科又は専攻が別に定める。
附 則
1 この裁定は、平成17年4月1日から実施する。
2 この裁定実施の際、現に本学が受け入れている採択研究者については、この裁定により受け入れたものとみなす。