国立大学法人 総合研究大学院大学 規程集(学外)

トップページに戻る
最上位 > 第8編 研究科 > 第2章 物理科学研究科
総合研究大学院大学物理科学研究科構造分子科学専攻、機能分子科学専攻における専攻長の選出方法等に関する申し合わせ
平成17年2月14日
構造・機能分子科学
専攻委員会申し合わせ
第1 物理科学研究科における構造分子科学専攻又は機能分子科学専攻のいずれかの専攻の専攻長は分子科学研究所長である教授をもって充てる。専攻長の所属専攻については、大学院委員会において決定する。
第2 第1に基づいて決定された専攻以外の専攻の専攻長の選出については、当該専攻の専攻委員会構成員の互選による。
第3 第2に基づいて選出された専攻長の任期は2年とし、再任を妨げない。
ただし連続2期までとし、欠員が生じた場合の補欠の専攻長の任期は、前任者の残任期間とする。
第4 この申合せに不都合が生じた時は、大学院委員会がその都度定めるものとする。
第5 この申合せは、平成17年2月14日から施行し、平成16年4月1日から適用する。