国立大学法人 総合研究大学院大学 規程集(学外)

トップページに戻る
最上位 > 第8編 研究科 > 第3章 高エネルギー加速器科学研究科
総合研究大学院大学高エネルギー加速器科学研究科入学者選抜実施委員会設置要項
平成17年5月19日
高エネルギー加速器科学
研究科専攻長会議決定
一部改正 19.2.16/19.10.18/21.4.1
(趣旨)
第1条 この要項は、総合研究大学院大学高エネルギー加速器科学研究科教育推進会議(以下「教育推進会議」という。)に置く入学者選抜実施委員会(以下「委員会」という。)の組織及び運営について必要な事項を定めるものとする。
(審議事項)
第2条 委員会は、高エネルギー加速器科学研究科(以下「研究科」という。)における入学者選抜の実施に関する事項(研究科の専攻に関する事項を除く。)のうち、次の各号に掲げる事項を審議する。
(1)入学者選抜の実施に係る基本方針に関すること。
(2)入学者選抜の実施に関すること。
(3)試験問題の作成及び管理に関すること。
(4)各専攻の入学者選抜委員会との連絡調整に関すること。
(5)その他委員会が必要と認めたこと。
(組織)
第3条 委員会は、次の各号に掲げる者で組織する。
(1)研究科長
(2)各専攻の副専攻長
(3)必要に応じて専攻長の推薦に基づき教育推進会議長が指名した教授又は准教授
(任期)
第4条 前条第3号に規定する委員の任期は2年とし、再任を妨げない。ただし、その欠員が生じた場合の補欠委員の任期は、前任者の残任期間とする。
(運営)
第5条 委員会に委員長を置き、委員の互選によってこれを定める。
2 委員会は、委員会の会務を総理する。
3 委員長に事故があるときは、あらかじめ委員長が指名する委員が委員長の職務を代理する。
(招集) 
第6条 委員会は、必要に応じ、委員長がこれを招集する。
(定足数)
第7条 委員会は、別に定めがある場合を除くほか、研究科の各専攻の委員のうち1人以上が出席しなければ、議事を開き、議決することができない。
(議事)
第8条 委員会の議事は、出席した委員の過半数をもって決し、可否同数のときは、委員長の決するところによる。ただし、議長又は教育推進会議が特別に必要があると認めるときは、委員の過半数をもって決することができる。
(委員以外の者の出席)
第9条 委員長は、必要があると認めたときは、委員会の同意を得て、委員以外の者を出席させ、意見を聞くことができる。
2 前項の規定にかかわらず、専攻長は委員会に出席することができる。
3 前2項の出席者は、議決に加わらないものとする。
(守秘義務)
第10条 委員及び入学者選抜の実施に関わる者は、業務上知り得たいかなる情報も他に漏らしてはならない。その職を退いた後も同様とする。
(議事録)
第11条 委員長は、委員会の開催の場所及び日時並びに議決事項その他の事項について、議事録を作成しなければならない。この場合において、委員長が必要と認めたときは、議事録の公開を制限することができる。
(事務)
第12条 委員会の事務は、大学共同利用機関法人高エネルギー加速器研究機構研究協力部研究協力課において処理する。
(雑則)
第13条 この要項に定めるもののほか、委員会の議事手続きその他の運営に関して必要な事項は、委員会が別に定める。
附 則
  この要項は、平成17年5月19日から施行する。
附 則
  この要項は、平成19年4月1日から施行する。
附 則 
  この要項は、平成19年10月18日から施行する。 
附 則
  この要項は、平成21年4月1日から施行する。