国立大学法人 総合研究大学院大学 規程集(学外)

トップページに戻る
最上位 > 第8編 研究科 > 第3章 高エネルギー加速器科学研究科
加速器科学専攻課程博士学位論文審査申し合わせ
平成16年9月3日
加速器科学専攻委員会
申し合わせ
一部改正 19.2.16/24.2.7/H29.9.4
(趣旨)
第1条 加速器科学専攻の課程を修了した者に授与する博士の学位に係る論文審査等の手続き等については、総合研究大学院大学学位規則(平成元年規則第2号)、総合研究大学院大学高エネルギー加速器科学研究科における課程博士の学位授与に係る論文審査等の手続き等に関する規程(平成16年大学規程高研第4号。以下「規程」という。)及び総合研究大学院大学高エネルギー加速器科学研究科における課程博士の学位授与に係る予備審査の手続きに関する細則(平成16年大学細則高研第1号。以下「細則」という。)に規定するもののほか、この申し合わせによる。
(論文題目及び使用言語)
第2条 出願者は、規程第4条に規定する出願期間の最初の日の3ケ月前までに、論文の題目及び論文に使用する言語の種類を、主任指導教員に相談の上、論文題目及び使用言語届(別紙様式)により、当該専攻長へ提出するものとする。
2 前項の論文に使用する言語の種類は、日本語又は英語とする。
(予備審査出願に必要な書類)
第3条 細則第2条に規定する書類は、博士論文原稿又は提出しようとする博士論文の内容を把握できる程度の草稿及び参考資料とする。
2 提出期限は、3月学位取得希望者にあっては10月末日、9月学位取得希望者にあっては4月末日とする。
(学術雑誌への発表)
第4条 規程第5条第3項に規定する審査制度の確立した学術雑誌の定義については、必要に応じて専攻委員会で判定するものとする。
(予備審査委員会)
第5条 細則第3条に規定する予備審査委員は、あらかじめ専攻委員会において専攻及び関連する専攻の教授、准教授、講師又は助教のうちから選出された5人以上の教員で構成する。ただし、個々の審査においては必要に応じ出願者の研究指導を担当する教員並びに当該専門分野の教員等を加えるものとする。
(審査委員の推薦)
第6条 規程第5条第2項に規定する博士論文審査委員推薦依頼書による審査委員候補者の決定は、専攻委員会において行うものとする。
2 前項の場合において、研究科所属の教授又は准教授、講師又は助教3人以上のうちの2人以上は、専攻から選出するものとする。
(中間報告会)
第7条 専攻長は、博士論文に係る研究の進捗状況を把握し、専攻として適切な助言指導を与えることを目的として4年次の学生を対象に中間報告会を行うものとする。
2 中間報告会の参加者は、特に制限しない。ただし、原則として専攻入学者選抜委員、指導教員、当該専門分野の教員及び専攻長の指名する者は参加するものとする。
3 中間報告会の開催時期は、4月入学者の場合は4年次の9月初旬から1月初旬、10月入学者の場合は4年次の3月初旬から7月初旬とする。
4 当該専攻の教員に対する開催通知は、文書によりその都度行うものとする。
(論文発表会)
第8条 専攻長は、博士論文の受理後できるだけ早い機会(1ないし2ケ月以内)に規程第8条第2項に規定する論文発表会を実施するものとする。
2 前項の開催通知は、掲示により行うものとする。
(試験)
第9条 規程第9条に規定する試験は、論文発表会における質疑応答の内容及び学術雑誌への発表内容等の判定をもってこれに替えるものとする。ただし、特に必要と認めるときは筆記試験又は口述試験を行うものとする。
附 則
  この申し合わせは、平成16年9月3日から施行し、平成16年4月1日から適用する。
附 則
  この申し合わせは、平成19年4月1日から施行する。
   附 則
  この申し合わせは、平成24年2月7日から施行する。 
附 則 
  この申し合わせは、平成29年9月4日から施行する。
 
(別紙様式)