国立大学法人 総合研究大学院大学 規程集(学外)

トップページに戻る
最上位 > 第8編 研究科 > 第6章 先導科学研究科
総合研究大学院大学先導科学研究科生命共生体進化学専攻履修規程
平成19年2月21日
大学規程先研第1号
一部改正 19.5.29/21.2.17/22.2.19/
23.2.15/23.9.13/24.2.14/
24.9.4/25.2.26/25.9.17/
26.2.25/27.2.24/28.1.26
28.12.27 
(趣旨)
第1条 この規程は、総合研究大学院大学学則(平成16年学則第1号。以下「学則」という。)第36条の規定に基づき、先導科学研究科(以下「研究科」という。)の生命共生体進化学専攻(以下「本専攻」という。)における教育方法、履修方法その他単位の認定及び他の大学院における授業科目の履修等並びに在学年限その他必要な事項について定めるものとする。
(専攻の課程)
第2条 本専攻の博士課程は、標準の修業年限5年又は3年の課程とする。
2 前項の標準の修業年限を5年とする本専攻の課程は、学則第25条第2項に規定する者が履修する課程(以下「5年の課程」という。)とする。
3 第1項の標準の修業年限を3年とする本専攻の課程は、学則第25条第1項に規定する者が3年次に編入学して履修する課程(以下「後期3年の課程」という。)とする。
(教育方法)
第3条 本専攻における教育は、授業科目の授業及び博士論文の作成等に対する指導(以下「研究指導」という。)によって行う。
2 前項に規定する授業のうち、本専攻が定める授業科目は、多様なメディアを高度に利用して、当該授業を行う教室等以外の場所で履修させることができる。
(指導教員及びアカデミックアドバイザー)
第4条 学生の研究指導を担当するとともに、学生の授業科目の履修指導等に当たるため、本専攻が別に定めるところに従い、学生1人ごとに主任指導教員を定めるものとする。
2 主任指導教員は、教授又は准教授とする。
3 前項によるもののほか、教育研究上の組織編成として適切と認められる場合には、講師又は助教を主任指導教員とすることができる。
4 前3項に規定するもののほか、学生の教育活動上又は研究活動上の指導もしくは助言等を行うアカデミックアドバイザーを置く。
(教育研究指導領域及び教育課程)
第5条 本専攻に教育研究指導領域を置き、総合人類学、進化生物学、行動生物学、理論生物学、科学社会論の5領域とする。
2 本専攻の教育課程は、総合・国際教育科目群、基礎教育科目群、専門教育科目群、先導科学考究、先導科学プログレス及び先導科学特別研究とし、専門教育科目群に前項の教育研究指導領域に置く特論群又は科目群を置く。
3 授業科目、配当年次、単位数及び履修方法等は、別表および特別教育プログラム実施規程(平成24年大学規程第5号)別表2のとおりとする。
(履修の手続き)
第6条 学生は、毎学期初めに、履修しようとする授業科目について、履修届(別紙様式1)により主任指導教員(ただし、主任指導教員が定められていない場合は、アカデミックアドバイザーとする。以下同じ。)の承認を受けるとともに、専攻長を経由して研究科長に提出しなければならない。
2 学生は、前項において提出した履修届に関し、科目の訂正、取消を行う場合は、履修変更届(別紙様式2)により主任指導教員の承認を受けるとともに、専攻長を経由して研究科長に提出しなければならない。 
3 学生は、主任指導教員の承認及び専攻長を経由して研究科長の許可を受けて、本学の他の研究科の授業科目を履修することができる。
(他大学の大学院における授業科目の履修の手続き等)
第7条 学生は、研究科が協議をした他の大学の大学院(外国の大学の大学院を含む。)の授業科目を履修しようとするときは、主任指導教員の承認及び専攻長を経由して研究科長の許可を受けなければならない。
2 前項の規定により他の大学の大学院において修得した単位は、5年の課程を履修する学生にあつては10単位、後期3年の課程を履修する学生にあつては4単位を超えない範囲で本専攻で修得したものとみなすことができる。
3 第1項の規定による協議及び単位の認定等については、総合研究大学院大学学生規則(平成16年大学規則第1号。以下「学生規則」という。)の定めるところによる。
(入学前の既修得単位の取扱い)
第8条 学生は、本専攻に入学する前に大学院において履修した授業科目について修得した単位を、主任指導教員の承認及び専攻長を経由して研究科長の許可を受けて、本専攻で修得したものとみなすことができる。
2 前項の規定に基づき修得したものとみなすことができる単位は、再入学又は転入学した者を除き、5年の課程を履修する学生にあつては10単位、後期3年の課程を履修する学生にあつては4単位を超えないものとする。
(授業科目の履修の認定及び単位の授与等)
第9条 授業科目の履修の認定は、試験又は研究報告により行う。ただし、平常の学修の成果の評価をもつて試験又は研究報告に代えることができる。
2 授業科目の成績は、100点満点をもつて評価し、60点以上を合格とする。この場合において、次の区分により、優、良及び可を合格、不可を不合格として評価することができる。
  80点以上    優
  70点~79点   良
  60点~69点   可
  59点以下    不可
3 前項の規定にかかわらず、点数をもつて評価し難い場合は、合格及び不合格の評価をもつて行うことができる。
4 授業科目の履修の認定に合格した者には、所定の単位を与える。
(研究指導)
第10条 研究指導は、学生1人ごとにその内容が定められるものとし、その研究指導については、第4条第1項に規定する主任指導教員のほか、複数の教授、准教授、講師又は助教が担当するものとする。
(他大学の大学院等における研究指導の手続き等)
第11条 学生は、研究科が協議をした他の大学の大学院及び研究所等(外国の大学の大学院及び研究所等を含む。)において研究指導を受けようとするときは、主任指導教員の承認及び専攻長を経由して研究科長の許可を受けなければならない。
2 前項の規定により他の大学の大学院及び研究所等において受けた研究指導は、本専攻において受けた研究指導の一部とみなすことができる。
3 第1項の規定による協議及び研究指導の認定については、学生規則の定めるところによる。
(修了の要件)
第12条 本専攻の5年の課程の修了の要件は、本専攻に5年以上在学し、別表に規定するところにより42単位以上を修得し、かつ、必要な研究指導を受けた上、博士論文の審査及び試験に合格することとする。ただし、在学期間に関しては、優れた研究業績を上げた者については、研究科の専攻に3年以上在学すれば足りるものとする。
2 本専攻の後期3年の課程の修了の要件は、本専攻に3年以上在学し、別表に規定するところにより13単位以上を修得し、かつ、必要な研究指導を受けた上、博士論文の審査及び試験に合格することとする。ただし、在学期間に関しては、優れた研究業績を上げた者又は修業年限の調整が認められる者については、学則第37条に規定する在学期間以上で足りるものとする。
3 前2項に規定する博士論文の審査及び試験については、総合研究大学院大学学位規則(平成元年規則第2号)の定めるところによる。
(成績評価基準等及びその明示等)
第13条 本専攻における学修の成果及び博士論文に係る評価並びに修了の認定の基準等については、授業計画その他専攻長が別に定める。
2 前項の授業計画には、授業及び研究指導の方法及び内容並びに一年間の授業及び研究指導の計画等を定め、あらかじめ本専攻の学生に対して明示するものとする。
(3年次進学資格審査及び退学勧告)
第14条 本専攻の5年の課程に在学する学生は、本専攻が別に定めるところによる3年次進学資格審査に合格しなければならない。
2 研究科長は、前項の審査に合格しない学生に対して退学の勧告を行い、別表において指定する授業科目の履修を奨励することがある。
(在学年限)
第15条 学生(長期履修学生及び長期履修の適用を解除された学生を除く。)は、本専攻に5年の課程にあっては8年、後期3年の課程にあっては5年、を超えて在学することができない。
(雑則)
第16条 この規程に定めるもののほか、教育方法、履修方法、単位の認定及び他の大学院における授業科目の履修等の実施に関して必要な事項は、専攻長が別に定める。
附 則
  この規程は、平成19年4月1日から施行する。
附 則(平成19年5月29日大学規程先研第7号)
  この規程は、平成19年6月1日から施行する。
附 則(平成21年2月17日大学規程先研第1号)
1 この規程は、平成21年4月1日から施行する。
2 この規程施行の際、現に在学する学生に係る履修方法は、改正後の規定にかかわらず、なお従前の例による。
附 則(平成22年2月19日大学規程先研第1号)
  この規程は、平成22年4月1日から施行する。
附 則(平成23年2月15日大学規程先研第1号)
  この規程は、平成23年4月1日から施行する。
附 則(平成23年9月13日大学規程先研第9号)
  この規程は、平成23年7月1日から施行する。
   附 則(平成24年2月14日大学規程先研第10号)
  この規程は、平成24年4月1日から施行する。
附 則(平成24年9月4日大学規程先研第3号)
   この規程は、平成24年10月1日から施行する。
附 則(平成25年2月26日大学規程先研第1号)
  この規程は、平成25年4月1日から施行する。 
附 則(平成25年9月17日大学規程先研第2号) 
 この規程は、平成25年10月1日から施行する。 
附 則(平成26年2月25日大学規程先研第2号) 
 この規程は、平成26年4月1日から施行する。 
附 則(平成27年2月24日大学規程先研第2号) 
1 この規程は、平成27年4月1日から施行する。 
2 この規程施行の際、本専攻に現に在学する学生に係る履修方法は、改正後の別表にかかわらず、なお従前の例による。 
附 則(平成28年1月26日大学規程先研第1号) 
 この規程は、平成28年4月1日から施行する。
附 則(平成28年12月27日大学規程先研第2号)
 この規程は、平成29年4月1日から施行する。
別表(第5条関係)
(1)授業科目

科目群・科目区分

授業科目

配当年次

単位数

備考

必修

選択

総合・国際教育科目群

科学論文の書き方

1・2

1

特別教育プログラムにおける総合教育科目

生命科学と社会Ⅰ

1・2・3    

1

特別教育プログラムにおける総合教育科目

生命科学と社会Ⅱ

1・2・3   

1

特別教育プログラムにおける総合教育科目

科学・技術と社会Ⅰ

1・2・3    

1

特別教育プログラムにおける総合教育科目

科学・技術と社会Ⅱ

  2・3・4・5 

1

特別教育プログラムにおける総合教育科目

研究者のための社会リテラシー

1・2・3    

2

特別教育プログラムにおける総合教育科目

基礎教育科目群

科学と社会副論文入門

1・2・3    

1

 

科学技術社会論入門

1・2・3    

1

 

統合人類学

1・2・3    

2

 

生物統計学

1・2・3    

2

 

ミクロ・マクロ生物学Ⅰ

1・2・3    

2

特別教育プログラムにおける総合教育科目

下記(2)①及び②参照

ミクロ・マクロ生物学Ⅱ

1・2・3    

2

特別教育プログラムにおける総合教育科目

下記(2)①及び②参照

先導科学実習

1・2・3    

2

 

統合進化学

1・2・3    

2

特別教育プログラムにおける統合生命科学教育プログラム科目

下記(2)①及び②参照

科学英語Ⅰ

1

2

下記(2)①及び②参照

科学英語Ⅱ

  2

2

下記(2)①及び②参照

科学英語Ⅲ

    3

2

下記(2)①及び②参照

科学英語Ⅳ

      4

2

下記(2)①及び②参照

科学英語Ⅴ

        5

2

下記(2)①及び②参照

専門教育科目群

 

総合人類学特論群

人類進化学特論

1・2・3    

 

1

 

環境考古学特論

1・2・3    

 

1

 

人類遺伝学特論

1・2・3    

 

1

 

進化生物学特論群

進化生理学特論

1・2・3    

 

1

 

細胞生物学特論

1・2・3    

 

1

 

分子進化学特論

1・2・3    

 

1

 

行動生物学特論群

感覚生理学特論

1・2・3    

 

1

 

神経行動学特論

1・2・3    

 

1

 

進化行動生態学特論

1・2・3    

 

1

 

理論生物学特論群

数理生物学特論

1・2・3    

 

1

 

集団遺伝学特論

1・2・3    

 

1

 

進化ゲーム理論特論

1・2・3    

 

1

 

科学と社会科目群

科学史・科学技術社会論Ⅰ

1・2・3

 

1

 

科学史・科学技術社会論Ⅱ

1・2・3

1

 

科学史・科学技術社会論Ⅲ

1・2・3

1

 

先導科学特論

先導科学特論Ⅰ

1・2・3・4・5

1

 

先導科学特論Ⅱ

1・2・3・4・5

1

 

先導科学特論Ⅲ

1・2・3・4・5

1

 

先導科学特論Ⅳ

1・2・3・4・5

1

 

先導科学特論Ⅴ

1・2・3・4・5

1

 

先導科学特論Ⅵ

1・2・3・4・5

1

 

先導科学特論Ⅶ

1・2・3・4・5

1

 

先導科学特論Ⅷ

1・2・3・4・5

1

 

先導科学特論Ⅸ

1・2・3・4・5

1

 

先導科学特論Ⅹ

1・2・3・4・5

1

 

先導科学特論ⅩI

1・2・3・4・5

1

 

先導科学特論ⅩⅡ

1・2・3・4・5

1

 

先導科学特論ⅩⅢ

1・2・3・4・5

1

 

先導科学特論ⅩⅣ

1・2・3・4・5

1

 

先導科学特論ⅩⅤ

1・2・3・4・5

1

 

先導科学特論ⅩⅥ

1・2・3・4・5

1

 

先導科学特論ⅩⅦ

1・2・3・4・5

1

 

先導科学特論ⅩⅧ

1・2・3・4・5

1

 

先導科学特論ⅩⅨ

1・2・3・4・5

1

 

先導科学特論ⅩⅩ

1・2・3・4・5

1

 

先導科学考究

先導科学考究Ⅰ

1        

2

 

先導科学考究Ⅱ

  2      

2

 

先導科学考究Ⅲ

    3    

2

 

先導科学考究Ⅳ

      4  

2

 

先導科学考究Ⅴ

        5

2

 

先導科学プログレス

先導科学プログレスⅠ

1        

2

   

 

先導科学プログレスⅡ

  2      

2

 

 

先導科学プログレスⅢ

    3    

2

 

 

先導科学プログレスⅣ

      4  

2

 

 

先導科学プログレスⅤ

        5

2

 

 

先導科学特別研究

先導科学特別研究Ⅰ

1        

 

4

 

先導科学特別研究Ⅱ

  2      

 

4

 

先導科学特別研究Ⅲ

    3    

 

4

 

先導科学特別研究Ⅳ

      4  

 

4

 

先導科学特別研究Ⅴ

        5

 

4

 

副論文特別研究

1・2・3・4・5

 

4

 

修士論文特別研究

  2・3・4・5

 

4

 

備考

1 総合・国際教育科目群の科学論文の書き方は、第3条第2項に規定する授業科目とする。

2 専門教育科目群の先導科学特論Ⅰ~ⅩⅩの各授業科目は、授業の内容を適切に明示する名称を付記するものとし、第13条第1項に規定する授業計画において定める。

3 先導科学特別研究の修士論文特別研究は、本専攻を退学する旨の届出を提出する予定の学生又は第14条第2項の規定により当該授業科目の履修を奨励された学生が履修する授業科目とする。

4 配当年次とは、本専攻の学生が標準的に履修が望ましい年次を示し、当該年次以外の学生の履修を妨げるものではない。

(2)授業科目の単位の修得方法
① 5年の課程を履修する者が本専攻を修了するためには、次の各号に掲げる全ての要件を満たし、合計42単位以上を修得しなければならない。ただし、第12条第1項ただし書を適用する場合の先導科学プログレスの各授業科目の履修については、上記(1)の必修欄に掲げる4年次及び5年次に2単位とあるのは、選択欄に掲げるものと読み替えて適用する。 
一 上記(1)の授業科目に掲げる必修10科目の単位を修得すること 
二 特別教育科目プログラム実施規程別表2に掲げるフレッシュマンコース2単位を修得すること  
三 総合・国際教育科目群の選択科目及び特別教育プログラム実施規程別表2における学融合レクチャーから2科目以上の単位を修得すること  
四 基礎教育科目群の選択科目から4科目以上(科学英語の各授業科目は、Ⅰ~Ⅴのいずれか1科目に限る。またミクロ・マクロ生物学Ⅰ及びミクロ・マクロ生物学Ⅱを当該4科目に含める場合は統合進化学を含めることはできず、統合進化学を当該4科目に含める場合はミクロ・マクロ生物学Ⅰ及びミクロ・マクロ生物学Ⅱを含めることはできない。)の単位を修得すること
五 専門教育科目群から5科目以上の単位を修得すること 
② 後期3年の課程を履修する者が本専攻を修了するためには、次の各号に掲げる全ての要件を満たし、合計13単位 以上を修得しなければならない。なお、第12条第2項ただし書を適用する場合の先導科学プログレスの各授業科目の履修については、上記(1)の必修欄に掲げる4年次及び5年次に2単位とあるのは、選択欄に掲げるものと読み替えて適用する。この場合の上記(1)の授業科目に掲げる選択科目の履修については、科学英語の各授業科目は、Ⅲ~Ⅴのいずれか1科目に限り、また、ミクロ・マクロ生物学Ⅰ及びミクロ・マクロ生物学Ⅱを当該単位数に含める場合は統合進化学を含めることはできず、統合進化学を当該単位数に含める場合はミクロ・マクロ生物学Ⅰ及びミクロ・マクロ生物学Ⅱを含めることはできないものとする。 
一  上記(1)の授業科目に掲げる必修科目(先導科学考究Ⅰ、先導科学考究Ⅱ、先導科学プログレスⅠ及び先導科学プログレスⅡを除く。) の単位を修得すること 
二  特別教育科目プログラム実施規程別表2に掲げるフレッシュマンコース2単位を修得すること 
③ 他の研究科及び専攻において開設する専攻専門科目、研究科共通基礎科目、研究科共通科目、及び特別教育プログラム実施規程別表2に掲げる授業科目(フレッシュマンコース及び学融合レクチャーを除く。)は、第7条第2項により他大学の大学院において修得したものとみなす単位数と合わせて、5年の課程を履修する者にあっては10単位を限度として、上記①の修得すべき単位数に含めることができる。 
 別紙様式1(第6条関係) 
images
別紙様式2(第6条関係) 
images