国立大学法人 総合研究大学院大学 規程集(学外)

トップページに戻る
最上位 > 第8編 研究科 > 第6章 先導科学研究科
総合研究大学院大学先導科学研究科研究補助者取扱規程
平成22年3月25日
大学規程先研第3号
一部改正 23.3.28
(趣旨)
第1条 この規程は、総合研究大学院大学先導科学研究科(以下「本研究科」という。)における、特定の研究課題等の遂行に必要な技能・技術面での支援を確保することにより、研究課題等を効果的にするとともに、研究科の学術研究を支えるための研究支援体制の強化を図ることを目的に採用する研究補助者について、必要な事項を定めるものとする。
(職務内容)
第2条 研究補助者は、本研究科に所属する専任の教員(以下「受入教員」という。)の指示の下に、当該研究支援等の業務に従事する。
(資格)
第3条 研究補助者は学士の学位を有する者及びこれと同等以上の能力を有するとセンター長が認める者とする。
(受入教員)
第4条 研究補助者を採用するにあたって、あらかじめ受入教員を定めるものとする。
(選考)
第5条 研究補助者の選考は、受入教員からの書面による申請に基づき、先導科学研究科長がその雇用についての審査・選考を行うものとする。
(任期)
第6条 研究補助者の任期は、採用の日から3年以内とする。
2 前項の任期は、必要があると認められる範囲内において、かつ採用の日から通算して5年を超えない範囲内において更新することができる。
(勤務条件)
第7条 研究補助者の勤務条件、服務規律その他就業等に関しては、この規程に定めるもののほか、国立大学法人総合研究大学院大学期間業務職員等就業規則(平成16年法人規則第7号。)の定めるところによる。
(雑則)
第8条 この規程に定めるもののほか、研究補助者の取扱いその他必要な事項は、先導科学研究科長が別に定める。
附 則(平成22年3月25日大学規程先研第3号)
1 この規程は、平成22年4月1日から施行する。
2 総合研究大学院大学葉山高等研究センター研究補助者取扱規程(平成16年11月10日大学規程第6号)は、廃止する。
3 この規程施行の際、旧総合研究大学院大学葉山高等研究センター研究補助者取扱規程(平成16年大学規程第6号)(以下「旧取扱規程」という。)に基づき採用された研究補助者については、この規程の施行の日において、別に辞令を発せられない限り、この規程により採用された者とみなし、本規程各条の規定を適用する。ただし、第6条第2項ただし書き適用は、「当初採用した日」を「旧取扱規程により採用した日」と読み替えて適用するものとする。
附 則(平成23年3月28日大学規程先研第6号)
  この規則は、平成23年4月1日から施行する。