国立大学法人 総合研究大学院大学 規程集(学外)

トップページに戻る
最上位 > 第8編 研究科 > 第6章 先導科学研究科
総合研究大学院大学先導科学研究科客員研究員受入要項
(趣旨)
第1 この要項は、総合研究大学院大学先導科学研究科(以下「本研究科」という。)の学術研究をより一層発展させることに寄与するために受入れる客員研究員の取り扱いに関し、必要な事項を定めるものとする。
(受入の原則)
第2 客員研究員の受入れは,本研究科の教育研究上有意義なものであって、本研究科並びに本学の管理運営上支障が生じない場合に行うものとする。
(受入資格)
第3 本研究科の客員研究員として受け入れることができる者は次の各号に該当する者とする。
(1)国公私立大学及び大学共同利用機関、独立行政法人等の教員・研究者又はこれと同等の研究能力を有すると認める者
(2)先導科学研究科の博士課程を修了し博士の学位を取得した者で、引き続き本研究科の教員と共同して研究活動を行おうとする者
(3)研究科長が本研究科の教育研究上、特に必要と認める者
(受入期間)
第4 客員研究員の受入期間は、1年以内とする。ただし、必要があると認められる場合は、受入期間を延長することができる。
(受入教員)
第5 客員研究員を受入れるに当たっては、本研究科における受入教員を定めるものとし、研究科長が指名する。
2 受入教員は、客員研究員の受入れにおける責務を負うものとする。
3 受入教員は、客員研究員に本研究科棟における研究活動を行わせるに当たり必要な指導・助言を行わなければならない。
(申請手続)
第6 本研究科に所属する教員が、客員研究員を推薦する場合は、別紙様式1により客員研究員候補者推薦書及び当該研究員の履歴書、研究業績等必要な書類を添えて、研究科長に提出するものとする。
2 研究科長は前項による推薦を受けたときは、本研究科専攻長会議の議を経て、本学の教育・研究に支障の無い範囲において、受入れを許可することができる。
(受入条件)
第7 客員研究員については、給与、研究費等は支給しない。
2 客員研究員は、本学の教育研究に支障のない範囲で、本学の施設・設備等を利用させることができる。
(規則等の遵守)
第8 客員研究員は、本研究科における研究活動等を行うに当たり、本学の諸規則を遵守しなければならない。
(受入の取消等)
第9 研究科長は、客員研究員が次の各号の一に該当する場合は、受入れを取り消すことができる。
(1)疾病その他やむを得ない理由により、研究員から当該研究の中止の申し出があったとき。
(2)本学の規則その他の遵守事項に違反したと認められるとき。
(3)その他研究に従事することが適当でないと認められるとき。
(事故による傷病の治療等の負担)
第10 本研究科は、客員研究員の責に帰すべき事由による事故等の保障はしない。
2 客員研究員が受け入れ期間中に故意又は過失により被った傷病の治療等に要する費用は、当該研究員が負担するものとする。
(保険)
第11 客員研究者として大学院生等の学生を受入れる場合は、財団法人日本国際教育支援協会「学生教育研究災害傷害保険」または同程度以上の保険に加入しなければならない。
(弁償の請求)
第12 研究科長は、客員研究員がその責に帰すべき理由により、本学の施設及び設備等を滅失又は毀損したときは、当該客員研究員に弁償を請求しなければならない。
(雑則)
第13 この要項に定めるもののほか、客員研究員の取扱いに関し必要な事項は別に定める。
附 則
1 この要項は、平成22年4月1日から施行する。