国立大学法人 総合研究大学院大学 規程集(学外)

トップページに戻る
最上位 > 第8編 研究科 > 第6章 先導科学研究科
総合研究大学院大学先導科学研究科生命共生体進化学専攻における総合研究大学院大学学位規則第3条第1項の取扱いに関する申し合わせ
平成23年3月29日
先導科学研究科
生命共生体進化学
専攻委員会
申し合わせ
一部改正 R2.2.25 / R3.1.26 
総合研究大学院大学先導科学研究科(以下「本研究科」という。)の生命共生体進化学専攻における総合研究大学院大学学位規則(以下「学位規則」という。)第3条第1項の取り扱いについては、次のとおりとする。
 
第1 本研究科に所定の修業年限以上在学し、所定の単位数以上を修得し、かつ、必要な研究指導を受けた上、退学した者が、次の各号の全てを満たした場合は、学位規則第3条第1項の該当者として取り扱うことができるものとする。
(1)以下に挙げる期日までに総合研究大学院大学における論文博士の学位授与に係る論文審査等の手続き等に関する規程第4条に基づく学位授与の申請の手続きをしたこと。
ア ある年度の4月1日から6月29日の間に退学した場合にあっては、退学した翌年度の1月10日まで
イ ある年度の6月30日から9月29日の間に退学した場合にあっては、退学した翌々年度の4月1日まで
ウ ある年度の9月30日から12月30日の間に退学した場合にあっては、退学した翌々年度の6月30日まで
エ ある年度の12月31日から3月30日の間に退学した場合にあっては、退学した翌々年度の10月1日まで
オ 3月31日に退学した場合にあっては、退学した翌々年度の1月10日まで
(2)学位を授与する日が以下に挙げる期日以内となること。
ア ある年度の4月1日から6月29日の間に退学した場合にあっては、退学した翌年度の3月31日まで
イ ある年度の6月30日から9月29日の間に退学した場合にあっては、退学した翌々年度の6月30日まで
ウ ある年度の9月30日から12月30日の間に退学した場合にあっては、退学した翌々年度の9月30日まで
エ ある年度の12月31日から3月30日の間に退学した場合にあっては、退学した翌々年度の12月31日まで 
オ 3月31日に退学した場合にあっては、退学した翌々年度の3月31日まで
 
第2 前項の規定に基づく博士論文審査出願等の手続きについては、学位規則第6条第3項の規定によるものとする。
附 則
  この申し合わせは、平成23年3月29日から施行する。
附 則
  この申し合わせは、令和2年4月1日から施行する。
附 則
  この申し合わせは、令和3年3月1日から施行する。