国立大学法人 総合研究大学院大学 規程集(学外)

トップページに戻る
最上位 > 第3編 法人庶務
国立大学法人総合研究大学院大学の規則の基準に関する規則
平成16年4月14日
法人規則第9号
 
一部改正 17.3.18 /19.4.24
22.3.25 /23.3.28
25.3.26/27.6.24 
29.3.22/29.6.28 
(趣旨)
第1条 国立大学法人総合研究大学院大学(以下「法人」という。)における規則の区分、種類及びその制定の手続き等については、別に定めがあるもののほか、この規則の定めるところによる。
(区分及び種類)
第2条 法人の規則は、法人に関する規則及び法人が設置する総合研究大学院大学(以下「大学」という。)に関する規則に区分するものとする。
2 法人に関する規則の種類は、基本通則、法人規則、法人規程及び法人細則とする。
3 大学に関する規則の種類は、学則、大学規則、大学規程及び大学細則とする。
(基本通則)
第3条 基本通則は、法人の組織、運営及び業務等の基本に関する事項について、学長が経営協議会及び役員会の議を経て定めるものとする。ただし、大学の教育研究に関する事項が含まれる場合は、当該部分に関して教育研究評議会の議を経るものとする。
(法人規則)
第4条 法人規則は、法人の経営に関する重要事項について、学長が経営協議会及び役員会の議を経て定めるものとする。ただし、大学の教育研究に関する重要事項が含まれる場合は、当該部分に関して教育研究評議会の議を経るものとする。
(法人規程)
第5条 法人規程は、基本通則、法人規則又は法令等に基づき、学長又は事務局長が定めるものとする。
(法人細則)
第6条 法人細則は、基本通則、法人規則又は法人規程を実施するため、必要な事項について、学長又は事務局長が定めるものとする。
(学則)
第7条 学則は、国立大学法人法(平成15年法律第112号)第2条第8項に規定する事項について、学長が教育研究評議会及び役員会の議を経て定めるものとする。ただし、法人の経営に関する事項が含まれる場合は、当該部分に関して経営協議会の議を経るものとする。
(大学規則)
第8条 大学規則は、大学の教育研究に関する重要事項について、学長が教育研究評議会及び役員会の議を経て定めるものとする。ただし、法人の経営に関する重要事項が含まれる場合は、当該部分に関して経営協議会の議を経るものとする。
(大学規程)
第9条 大学規程は、学則、大学規則又は法令等に基づき、学長、研究科長、専攻長、附属図書館長、学融合推進センター長又は学術情報基盤センター長が定めるものとする。
(大学細則)
第10条 大学細則は、学則、大学規則又は大学規程を実施するため、必要な事項について、学長、研究科長、専攻長、附属図書館長、学融合推進センター長又は学術情報基盤センター長が定めるものとする。
(番号及び記号)
第11条 法人の規則には、第2条に規定する種類ごとに、毎年1月1日に始まり、12月31日に終わる一連番号を付すものとする。
2 研究科長、専攻長、附属図書館長、学融合推進センター長、学術情報基盤センター長又は事務局長が定めた法人の規則には、前項の一連番号の前に、第5条、第6条、第9条及び前条に規定する制定者に応じ、別表に掲げる記号を付すものとする。
(立案手続き)
第12条 研究科長、専攻長、附属図書館長、学融合推進センター長及び学術情報基盤センター長が法人の規則を定めようとするときは、あらかじめ事務局総務課と協議するものとする。
2 前項に規定する制定者は、法人の規則を定めたときは、学長にすみやかに報告するものとする。
3 前2項にかかわらず、事務局長が法人の規則を定めたときは、前項を準用する。
(備付及び公表)
第13条 法人の規則を定めたときは、常に法人の事務所に備えて置くとともに、公表しなければならない。
(要項等)
第14条 法人の規則に定めるもののほか、学長、研究科長、専攻長、附属図書館長、学融合推進センター長、学術情報基盤センター長又は事務局長は、法人の規則を実施するために必要な事項について、要項、要領、内規及び申し合わせ(以下「要項等」という。)を定めることができる。
(雑則)
第15条 この規則の運用に関して疑義のあるときは、学長が調整し、決定する。
附 則
1 この規則は、平成16年4月14日から施行し、平成16年4月1日から適用する。
2 この規則施行の際現に定められている大学に関する規則及び要項等のうち、学長が別に定める大学に関する規則及び要項等は、その規則及び要項等の題名にかかわらず、それぞれの内容に応じて、この規則により定められた大学に関する規則及び要項等とみなす。
附 則(平成17年3月18日法人規則第4号)
 この規則は、平成17年4月1日から施行する。
附 則(平成19年4月24日法人規則第5号)
 この規程は、平成19年4月24日から施行し、平成19年4月1日から適用する。
附 則(平成22年3月25日法人規則第7号)
 この規則は、平成22年4月1日から施行する。
附 則(平成23年3月28日法人規則第11号)
 この規則は、平成23年4月1日から施行する。
附 則(平成25年3月26日法人規則第8号)
 この規則は、平成25年4月1日から施行する。
附 則(平成27年6月24日法人規則第12号) 
 この規則は、平成27年4月1日から施行する。 
附 則(平成29年3月22日法人規則第5号) 
 この規則は、平成29年4月1日から施行する。 
附 則(平成29年6月28日法人規則第6号) 
 この規則は、平成29年7月1日から施行する。 
別表(第11条関係)

制 定 者

記  号

文化科学研究科長

物理科学研究科長

高エネルギー加速器科学研究科長

複合科学研究科長

生命科学研究科長

先導科学研究科長

文化科学研究科地域文化学専攻長

文化科学研究科比較文化学専攻長

文化科学研究科国際日本研究専攻長

文化科学研究科日本歴史研究専攻長

文化科学研究科日本文学研究専攻長

物理科学研究科構造分子科学専攻長

物理科学研究科機能分子科学専攻長

物理科学研究科天文科学専攻長

物理科学研究科核融合科学専攻長

物理科学研究科宇宙科学専攻長

高エネルギー加速器科学研究科加速器科学専攻長

高エネルギー加速器科学研究科物質構造科学専攻長

高エネルギー加速器科学研究科素粒子原子核専攻長

複合科学研究科統計科学専攻長

複合科学研究科極域科学専攻長

複合科学研究科情報学専攻長

生命科学研究科遺伝学専攻長

生命科学研究科基礎生物学専攻長

生命科学研究科生理科学専攻長

先導科学研究科生命共生体進化学専攻長

附属図書館長

学融合推進センター長

学術情報基盤センター長

事務局長

文研

物研

高研

複研

生研

先研

文研地

文研比

文研国

文研日

文研文

物研構

物研機

物研天

物研核融合

物研宇

高研加

高研物

高研素

複研統

複研極

複研情

生研遺

生研基

生研生

先研進