国立大学法人 総合研究大学院大学 規程集(学外)

トップページに戻る
最上位 > 第13編 葉山キャンパス関係その他
国際シンポジウム総合研究大学院大学研究賞取扱要項
平成19年12月12日
学長裁定
一部改正 27.3.25 
(趣旨)
第1条 この要項は、将来性、独創性のある研究を行った学生を顕彰することを目的として、総合研究大学院大学(以下「本学」という。)が主催、共催若しくは後援により開催する国際シンポジウムにおいて優秀な研究発表を行った学生を対象に表彰することができる「国際シンポジウム総合研究大学院大学研究賞」(以下「研究賞」という。)を設置し、この取扱いについて必要な事項を定める。
(対象となる国際シンポジウム)
第2条 本取扱により対象となる国際シンポジウムは、次に掲げるものとする。
(1)本学が主催する国際シンポジウム
(2)本学が共催又は後援名義の使用を許可する国際シンポジウム(ただし、研究賞の授与について他の共催団体が同意しており、当該国際シンポジウムの企画運営組織(以下「実施委員会」という。)に本学教員が参画しているものに限る。)
(受賞対象者)
第3条 受賞対象者は、前条に掲げる国際シンポジウムに参加し、研究発表を行う大学院学生(他大学の学生を含む。)とする。
(対象とする研究発表)
第4条 対象とする研究発表は、学術的見地から特筆すべき価値のある研究に関する発表とし、発表の形式については任意とする。
(研究賞の授与)
第5条 研究賞の授与は、賞状の授与によって行う。
(研究賞の授与体制等)
第6条 研究賞の授与は実施委員会からの申請に基づき運営会議においてその可否を決定する。
2 研究賞の授与を希望する実施委員会は、あらかじめ次の各号に掲げる事項を記載した書類を添付して国際・社会連携課に提出するものとする。
① 開催する国際シンポジウムの概要
② 受賞予定者数
③ 選考基準
④ 選考委員会メンバー
⑤ 他の共催団体の研究賞の授与に関する同意書
⑥ その他参考となる事項
3 実施委員会は第1項に掲げる決定を受け、受賞者を選考し、授与する。
附 則
  この要項は、平成19年12月12日から施行する。
附 則 
  この要項は、平成27年4月1日から施行する。