国立大学法人 総合研究大学院大学 規程集(学外)

トップページに戻る
最上位 > 第10編 学融合推進センター
総合研究大学院大学学融合推進センター客員研究員科研費取扱要領
(趣旨)
第1条 この要領は、総合研究大学院大学学融合推進センター客員研究員受入要領(平成23年5月19日学融合推進センター長裁定)第12に基づき、総合研究大学院大学学融合推進センター(以下「センター」という。)で受け入れる客員研究員が科学研究費助成事業(科研費)(以下「科研費」という。)の研究を行う場合に必要な事項を定めることを目的とする。
(基準)
第2条 客員研究員は、次の各号に掲げる基準を満たす場合は、センター運営委員会の議を経て、科研費の研究を行うことができる。
(1)センター以外に本務先となる所属機関がないこと
(2)センターにおいて、1週あたり1日以上の研究実態があること
(3)受入教員が認めていること
(研究遂行上の制限)
第3条 客員研究員は、交付された科研費の人件費について、自らが責任者となって職員や非常勤職員等を雇用することはできない。ただし、謝金についてはこの限りでない。
2 客員研究員は、学外の機関に所属する研究代表者の研究分担者となる場合は、その研究課題の応募時に、センター長及び受入教員と協議するものとする。
(雑則)
第4条 この要領に定めるもののほか、必要な事項は別に定めることができる。
附 則
1 この要領は、平成24年5月1日から施行する。