国立大学法人 総合研究大学院大学 規程集(学外)

トップページに戻る
最上位 > 第13編 葉山キャンパス関係その他
総合研究大学院大学化学物質危険・有害性評価要領
平成11年12月17日
学長裁定
一部改正 24.11.8 
(趣旨)
第1 総合研究大学院大学化学物質適正管理規程(以下「規程」という。)第15条の規定に基づき、葉山キャンパスにおいて、化学物質の受入導入等に関し、化学物質の 危険、有害性の評価手続きについては、この要領の定めるところによる。
 
(定義)
第2 この要領において用いる用語の定義は、規程第4条に定めるもののほか、次の各号に定めるところによる。
(1)受入・導入等 葉山キャンパスへの新たな化学物質の受入・導入並びにすでに取扱いを行っている化学物質の取扱い量の大幅な変更及び取扱い方法の変更をいう。
(2)評価 化学物質の危険・有害性等の評価をいう。
(3)基準 別紙1に定める基準をいう。
(4)総括者 規程第6条に定めた化学物質適正管理総括者をいう。
(5)実験責任者 実験責任教員をいう。
(6)委員会 化学物質適正管理委員会をいう。
 
 (基準)
第3 この要領を運用するため、別紙1のとおり基準を定めるものとする。
 
 (受入・導入等)
第4 実験責任者は、新たに化学物質の受入導入等を行う場合は、あらかじめ当該化学物質の性状等(基準で定めた化学物質の評価・把握項目(1)から(5)までの項目)を記載した受入申請書を総括者に申請するものとする。
2 総括者は、申請者に記載された項目について検討し、十分安全性等が確保されると判断した場合は、受入を承諾するものとする。
3 総括者は、当該化学物質の危険性が高いと判断した場合は、委員会に受入・導入の評価を委ねるものとする。
 
 (評価手続き)
第5 評価は、基準に基づき、委員会が行うものとする。
2 受入導入等の評価は、次により行うものとする。
(1)評価対象物質を明確に定める。
(2)化学物質の適正管理情報及び過去の取扱い実績等を調査するとともに、取扱い設備等の機能、安全性等を調査する。
(3)危険・有害性の項目と程度を把握する。
(4)評価対象物質が製品となって廃棄された場合を考慮する。
 
 (受入・導入等の審査)
第6 受入・導入等の審査、判定は、委員会が行うものとする。
2 受入・導入等の審査、判定は、次により行うものとする。
(1)評価の適正さ及び化学物質の危険・有害性の程度により十分な学内対策を講じることが可能かどうか等について審議し、受入・導入等の許可判定を行う。
 
 (受入・導入等の手順)
第7 前2条の規定に基づく受入・導入等の評価及び審査の手順は、別図のとおりとする。
 
 (その他)
第8 この要領に定めるもののほか、化学物質危険・有害性評価について必要な事項は、別に定めるものとする。
 
附 則
この要領は、平成11年12月17日から施行する。
附 則
この要領は、平成24年11月8日から施行する。
 
別紙1(第3条関係)
           化学物質危険・有害性等評価基準
1 葉山キャンパス先導科学研究科で実験のため受入れる化学物質の危険・有害性等に係る評価、把握項目は、次のとおり。
(1)危険・有害性の分類
(2)危険性の項目
   ア) 物性値(物理・化学的性質):沸点、融点、比重、粘度、蒸気圧、溶解度
   イ) 燃焼性(安定性・反応性):引火点、発火点、自己反応性、爆発限界
   ウ) 腐食性
(3)有害性の項目
   ア) 毒性:急性毒性(※1)
   イ) 毒性:慢性毒性(※2)
     ウ) 発がん性(※3)
     エ) 催奇性(※4)
(4)取扱形態:屋内、密閉
(5)取扱状態:温度、圧力、化学反応
(6)受入・取扱い量
(7)環境影響
(注)※1:急性毒性物質については、ACGIH等の許容濃度が1ppm以下の場合は、代替物質を検討する。
   ※2:慢性毒性物質については、有害性情報を把握しその程度により受入れの可否を判定する。
   ※3:発がん性物質については、IARC発がん性評価が1及びACGIH発がん性評価がA1に分類されている物質は、原則として受入れることができない。
   ※4:催奇形性を示す物質は、原則として受入れることができない。
   ※5:上記1から4に該当する物質であっても、あらかじめ受入申請者が委員会に対し、その取扱形態の安全性の確保、安全管理設備の設置等安全管理対策について充分な説明がなされ、委員会が適正と認めた場合は、受け入れることができるものとする。
 2 委員会は、上記1の(1)から(5)に掲げる項目全般に亘り情報の収集、数値の把握  を行い、総合評価し、受入の可否を判定する。
 
別図
 
 
images