国立大学法人 総合研究大学院大学 規程集(学外)

トップページに戻る
最上位 > 第4編 法人人事
国立大学法人総合研究大学院大学職員の永年勤続者表彰に関する規則
平成26年3月27日 
法人規程第3号 
(趣旨)
第1条 この規則は、職員就業規則(平成16年法人規則第4号。以下「職員就業規則」という。)第60条第1項第2号及び第3号の規定に基づき、国立大学法人総合研究大学院大学(以下「本学」という。)に勤務する職員に対する永年勤続者表彰に関し、必要な事項を定めるものとする。  
(定義) 
第2条 この規則において、次の各号に掲げる用語の意義は、当該各号に定めるところによる。 
一 「国立大学法人等」 国立大学法人総合研究大学院大学職員退職手当規則(平成16年法人規則第6号。以下「退職手当規則」という。)第10条第1項及び第11条第1項に規定する法人等をいう。 
二 「国立大学法人等の職員」 各国立大学法人等が定める退職手当に関する規程等により、退職手当の支給対象とされている職員及び役員のことをいう。
三 「勤続期間」 国立大学法人等の職員として引き続いて在職した期間をいう。
四 「引き続いて」 職員として身分を保有している期間が文字どおり引き続いていることであり、1日以上の空白がないことをいう。 
五 「本学の職員」 退職手当規則第2条に規定する職員及び国立大学法人総合研究大学院大学役員退職手当第1条に規定する役員のことをいう。 
(永年勤続者表彰の対象) 
第3条 永年勤続者表彰は、次の各号の一に該当し、かつ、誠実に勤務し、その成績が優秀で他の模範となる者に対して、その都度審査を行い、学長が行うものとする。   
一 勤続期間が20年以上であって、当該勤続期間のうち本学の職員としての在職期間が10年以上である者 
二 勤続期間が30年以上であって、当該勤続期間のうち本学の職員としての在職期間が15年以上である者  
三 退職の日において、勤続期間が30年以上であって、当該勤続期間のうち本学の職員としての在職期間が15年以上である者  
(表彰の日) 
第4条 永年勤続者表彰は原則として、前条第1号及び第2号に掲げるものにあっては、毎年勤労感謝の日の前日に、前条第3号に掲げるものにあっては、退職の日に行う。  
2 前条第1号及び第2号に該当する職員が表彰を受ける条件を満たした日において、本学以外の国立大学法人等の職員として勤務していた場合には、本学以外の国立大学法人等の職員から再び本学の職員となった後の最初の表彰の日に表彰を行う。  
(表彰の方法)
第5条 永年勤続者表彰は、第2条第1号及び第2号に掲げるものにあっては表彰状、第2条第3号に掲げるものにあっては感謝状を授与してこれを行う。 
2 前項の表彰状及び感謝状に併せて、記念品を贈呈する。  
(勤続期間の計算) 
第6条 勤続期間の計算は、国立大学法人等の職員となった日の属する月から表彰の日の属する月までの月数による。この場合、12月をもって1年とする。  
2 次の各号に掲げる期間は、勤続期間から除算する。  
一 懲戒処分により減給又は停職とされた期間  
二 休職期間(職員就業規則第14条第1項第1号、第3号及び第5号に掲げる事由による休職期間を除く。)  
3 前項第1号においては、当該除算期間に該当する期間が1日以上ある月を、1月として除算し、前項第2号においては、当該除算期間に該当する期間が月の初日から末日までの全日数にわたっている月を除算する。  
(勤続期間の特例)
第7条 本学の職員が本学の要請に応じ、本学以外の国立大学法人等に引き続いて勤務し、当該本学以外の国立大学法人等の職員から引き続いて再び本学の職員となった場合における当該本学以外の国立大学法人等の職員としての在職期間は、本学の職員としての在職期間とみなす。 
2 前項に規定する期間以外にも学長が特に認める期間については、本学の職員としての在職期間とみなす。  
(リフレッシュ休暇) 
第8条 第3条の規定(同条第3号を除く。)により永年勤続者表彰を受けた者は、心身のリフレッシュを図るため、特別休暇を取得することができるものとする。 
2 第1項に規定する特別休暇の取得に関し必要な事項は、職員就業規則第54条、第55条及び第56条の定めるところによる。  
(雑則)
第9条 この規程に定めるもののほか必要な事項は、学長が別に定める。  
附則  
この規程は、平成26年3月27日から施行する。