国立大学法人 総合研究大学院大学 規程集(学外)

トップページに戻る
最上位 > 第6編 大学組織
総合研究大学院大学研究科の組織運営等に関する規則第5条第1項第3号に基づき教育研究に関する重要な事項で、研究科教授会の意見を聴くことが必要なもの等について学長が定める件
平成27年3月25日
学 長 裁 定
(趣旨)
第1条 この裁定は、総合研究大学院大学研究科の組織運営等に関する規則(昭和63年規則第1号。以下「組織運営等規則」という。)第5条第1項第3号に基づき、教育研究に関する重要な事項で、研究科教授会の意見を聴くことが必要なものについて定めるものとする。 
 (意見を述べる事項)
第2条 研究科教授会は、組織運営等規則第5条第1項第1号及び第2号に規定するもののほか、次の各号に掲げる事項について意見を述べるものとする。
(1)教育課程の編成に関する事項 
(2)担当教員の選考に係る教育研究業績の審査に関する事項 
(3)当該研究科の教育研究組織の改廃に関する事項 
(4)学生の身分の異動等在籍に関する事項 
(5)学生の懲戒に関する事項 
(6)規程等の制定及び改廃に関する事項 
(7)研究科長候補者の推薦に関する事項 
(8)名誉教授候補者の推薦に関する事項 
(9)当該研究科の予算に関する事項
(意見を述べることができる事項) 
第3条 研究科教授会は、前条に規定するものほか、学長及び研究科長(以下この条において「学長等」という。)がつかさどる教育研究に関する事項について審議し、及び学長等の求めに応じ、意見を述べることができる。 
(研究科専攻長会議又は専攻委員会への委任)
第4条 研究科教授会は、その研究科が別に定めるところにより、研究科専攻長会議又は専攻委員会に第2条に規定する意見を述べる事項及び前条に規定する意見を述べることができる事項を委任することができる。
(改正) 
第5条 この裁定中、第2条の改正にあたり、学長は、研究科教授会の意見を聴いて定めるものとする。 
(雑則) 
第6条 この裁定に定めるもののほか、運用又は解釈に関して必要な事項は、学長が別に定める。 
附 則 
 この裁定は、平成27年4月1日から施行する。