国立大学法人 総合研究大学院大学 規程集(学外)

トップページに戻る
最上位 > 第5編 法人会計
国立大学法人総合研究大学院大学立替払取扱細則
平成21年3月31日
学  長  裁  定 
(目的)
第1条 この細則は、国立大学法人総合研究大学院大学会計規則第59条に基づき、国立大学法人総合研究大学院大学(以下「本学」という。)における立替払について必要な事項を定め、業務の円滑な運営を図ることを目的とする。
(立替払ができる者)
第2条 立替払は、本学の役員、職員、学生等が、職務遂行及び教育研究のために一時的に私金で立替を行う場合において、予算を管理する者(以下「予算管理者」という。)の承認を得たものに限り行うことができる。
(立替払の範囲)
第3条 次の各号に掲げるもののうち、10万円未満のものについては、立替払を行うことができる。
(1)学会の参加費及び資料代
(2)講習会等の受講料及び資料代
(3)官公庁等の手数料
(4)外国出張先で教育研究上やむを得ず必要となるもの
(5)その他会計規則第8条の経理責任者(以下「経理責任者」という。)が特に必要と認めた場合
(立替払の請求)
第4条 立替払を行った者は、速やかに立替払請求書に領収証書及び必要に応じて支出の内容を明らかにする書類を添付して、経理責任者に提出しなければならない。
2 前項において、クレジットカードを使用した場合は、利用代金明細書及び必要に応じて明細書の内容を明らかにする書類を添付するものとする。
附 則
 この要領は、平成21年4月1日から施行する。