国立大学法人 総合研究大学院大学 規程集(学外)

トップページに戻る
最上位 > 第2編 法人組織
学長・機構長等連絡協議会設置要項
平成2 5 年3 月6 日
大学共同利用機関法人人間文化研究機構 
大学共同利用機関法人自然科学研究機構 
大学共同利用機関法人高エネルギー加速器研究機構 
大学共同利用機関法人情報・システム研究機構 
独立行政法人宇宙航空研究開発機構 
国立大学法人総合研究大学院大学 
(目的)
第1条 本要項は、国立大学法人総合研究大学院大学(以下「総研大法人」という。)と大学共同利用機関法人及び独立行政法人宇宙航空研究開発機構(以下「機構法人」という。)の連係強化を図るため、学長・機構長等連絡協議会(以下「連絡協議会」という。)の設置に必要な事項を定めるものとする。
(組織)
第2条 連絡協議会は、次の各号に掲げる委員で組織する。
(1)総研大法人の学長(以下「学長」という。)
(2)各大学共同利用機関法人機構長
(3)独立行政法人宇宙航空研究開発機構宇宙科学研究所長
2 前項に定めるものほか、オブザーバーとして総研大法人及び機構法人の担当理事等及び事務局長等を出席させることができる。
(任務)
第3条 連絡協議会は、総研大法人の運営に関する重要事項について意見交換及び情報共有を行う。
(議長)
第4条 連絡協議会に議長を置き、学長をもって充てる。
2 議長は、連絡協議会を招集し主宰する。
(議事)
第5条 連絡協議会は、原則として、委員の全てが出席しなければ、議事を開くことができない。
(代理出席)
第6条 委員は、やむを得ない事情により連絡協議会に出席できないときは、委員が属する機構法人の役職員を代理として出席させることができる。
(意見の聴取)
第7条 議長は、必要に応じて委員以外の者に出席を求め、意見を聴取することができる。
(庶務)
第8条 連絡協議会の庶務は、総研大法人総務課において、処理する。
(雑則)
第9条 この要項に定めるものほか、必要な事項は、議長が別に定める。
 附 則
 この要項は、平成25年3月6日から施行する。