国立大学法人 総合研究大学院大学 規程集(学外)

トップページに戻る
最上位 > 第2編 法人組織
国立大学法人総合研究大学院大学アドバイザリーボードに関する規則
平成28年6月29日
法人規則第 14 号
一部改正 H29.11.29/H30.3.28 
(目的)
第1条 この規則は、国立大学法人総合研究大学院大学(以下「本学」という。)並びに大学共同利用機関法人及び国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(以下「機構等法人」という。)との連係協力に関する「国立大学法人総合研究大学院大学と大学共同利用機関法人及び独立行政法人宇宙航空研究開発機構との連係協力に関する協定書(平成22年3月31日締結)」前文の連係協力に係る理念を踏まえ、特定の事項について意見交換及び情報共有又は処理するために、本学に置くアドバイザリーボードについて必要な事項を定めることを目的とする。 
(アドバイザリーボードの設置) 
第2条 アドバイザリーボードは、次のいずれかに該当するときに、意見交換及び情報共有又は処理する事項ごとに本学学長(以下「学長」という。)が設置する。
(1)学長が必要と認めたとき 
(2)機構等法人の長から申出があったとき 
2 各アドバイザリーボードは、設置目的を達成したときに解散する。 
(構成員) 
第3条 各アドバイザリーボードの構成員は、学長が指名する本学の理事又は職員(以下「理事等」という。)1名及び機構等法人の長が推薦する者各1名とする。 
2 前項に定めるもののほか、オブザーバーとして本学及び機構等法人の必要な者を出席させることができる。 
(議長) 
第4条 各アドバイザリーボードに議長を置き、本学の理事等をもって充てる。 
(庶務) 
第5条 アドバイザリーボードの庶務は、本学総合企画課において処理する。
(雑則) 
第6条 この規則に定めるもののほか、アドバイザリーボードに関し必要な事項は、学長が別に定める。 
附 則 
 この規則は、平成28年7月1日から施行する。 
附 則(平成29年11月29日法人規則第12号) 
 この規則は、平成29年11月29日から施行する。 
附 則(平成30年3月28日法人規則第14号)
 この規則は、平成30年4月1日から施行する。