国立大学法人 総合研究大学院大学 規程集(学外)

トップページに戻る
最上位 > 第4編 法人人事
国立大学法人総合研究大学院大学ストレスチェック制度の実施にかかる基本方針
平成28年8月1日
学 長 裁 定 
国立大学法人総合研究大学院大学(以下「本学」という。)は、国立大学法人総合研究大学院大学安全衛生管理規程(平成16年法人規程第2号。以下「安全衛生管理規程」という。)に基づき、労働安全衛生法(昭和47年法律第57号)及び厚生労働省「労働者の心の健康の保持増進のための指針」等に従って、本学教職員のストレスへの気付きとその対処を支援するにあたり、以下のとおり基本方針を定め、ストレスチェック制度を導入する。
 
(ストレスチェック制度の目的) 
1 ストレスチェック制度は、教職員自身のストレスへの気付き及びその対処の支援並びに職場環境の改善を通じて、メンタルヘルス不調となることを未然に防止する一次予防を目的としており、メンタルヘルス不調者の発見を一義的な目的とはしないものである。 
 
(ストレスチェック実施にあたって) 
2 ストレスチェックは、専門医療機関に通院中などの特別な事情がない限り、全ての教職員が受けることが望ましい。 
 
3 ストレスチェックの結果は、直接本人に通知され、本人の同意なく本学が結果を入手するようなことはない。 
 
4 本人が面接指導を申し出た場合、又はストレスチェックの結果を本学へ提供することに同意した場合において、本学が入手したストレスチェックの結果は、本人の健康管理の目的のために使用し、それ以外の目的に利用することはない。