国立大学法人 総合研究大学院大学 規程集(学外)

トップページに戻る
最上位 > 第13編 葉山キャンパス関係その他
葉山キャンパスにおける自然災害発生時の休校(学生)・特別休暇(職員)の基準について
平成28年12月28日
学  長  裁  定 
葉山キャンパスにおける自然災害(大雨、暴風、大雪、暴風雪、地震)が発生した場合の休校(学生)・特別休暇(職員)の基準は、次のとおりとする。
 
1 葉山町に気象庁の特別警報(大雨、暴風、大雪、暴風雪)、警報(大雨、暴風、大雪、暴風雪)が発令された場合
① 午前6時30分に特別警報及び警報が発令中の場合は、午前を休校・特別休暇とする。
② 午前11時に特別警報及び警報が発令中の場合は、午後を休校・特別休暇とする。  
 
2 本学へ通学(学生)・通勤(職員)で利用している京浜急行バスの路線が運休(運転見合わせ含む)した場合
① 午前6時30分に京浜急行バスが運休した場合は、午前を休校・特別休暇とする。
② 午前11時に京浜急行バスが運休した場合は、午後を休校・特別休暇とする。 
 
3 大規模地震対策特別措置法に基づく警戒宣言が発令された場合 
① 午前6時30分に警戒宣言が発令中の場合は、午前を休校・特別休暇とする。 
② 午前11時に警戒宣言が発令中の場合は、午後を休校・特別休暇とする。 
 
以上