国立大学法人 総合研究大学院大学 規程集(学外)

トップページに戻る
最上位 > 第11編 学術情報基盤センター
国立大学法人総合研究大学院大学情報セキュリティ委員会要項
平成29年8月29日
法人細則第3号
(趣旨)
第1条 この要項は、国立大学法人総合研究大学院大学情報セキュリティ基本規程(平成29年法人規程第16号。以下「基本規程」という。)第15条第4項の規定に基づき、情報セキュリティ委員会(以下、「委員会」という。)に関して必要な事項を定めるものとする。
(審議事項) 
第2条 基本規程第15条第2項の規定に基づき、委員会は、次に掲げる事項を審議する。
一 ポリシーの改廃
二 次に掲げる事項の制定及び改廃 
(1)  法人情報基盤及び大学情報システムに係る実施規程等及び手順等 
(2)  法人情報基盤及び大学情報システムに関する教育の講習計画 
(3)  法人情報基盤及び大学情報システムの運用リスクの評価手順 
(4)  情報セキュリティ監査規程 
(5)  情報システム緊急時行動計画に関する規程 
(6)  情報セキュリティインシデント対応手順 
三 法人情報基盤及び大学情報システムに関する教育の実施状況 
四 法人情報基盤及び大学情報システムの運用リスクの評価の実施状況 
五 情報セキュリティインシデントの再発防止策 
六 法人情報基盤及び大学情報システムの企画、整備及び運用・管理方針並びに情報セキュリティ対策 
七 前各号のほか、法人及び大学の情報セキュリティを確保するために必要な事項に関すること 
(組織) 
第3条 基本規程第16条第1項の規定に基づき、委員会は、次の各号に掲げる委員をもって組織する。 
一 最高情報総括責任者 
二 統括情報責任者 
三 部局総括責任者 
四 部局総括責任者補佐 
五 部局技術責任者 
六 基盤部局委員 
七 その他最高情報総括責任者が必要と認める者 
2 基本規程第16条第3項の規定に基づき、基盤部局委員は、基盤部局を代表する委員として、研究科長が当該研究科の教員から原則として1名を指名する。なお、研究科長は、自ら基盤部局委員となることができる。 
(任期) 
第4条 前条第1項第6号及び第7号の委員の任期は1年とし、再任を妨げない。ただし、補欠の委員の任期は、前任者の残任期間とする。
(委員長) 
第5条 基本規程第16条第2項の規定に基づき、委員会に委員長を置き、最高情報総括責任者をもって充てる。 
2 委員長は、委員会を主宰する。 
3 委員長に事故があるときは、委員長があらかじめ指名する委員が、その職務を代理する。  
(定足数) 
第6条 委員会は、委員総数の過半数の委員が出席し、かつ、基盤部局委員総数の3分の2以上が出席しなければ、会議を開き、議決することができない。 
(議事) 
第7条 議事は出席委員の過半数によって決し、可否同数の場合は委員長の決するところによる。  
(委員以外の者の出席) 
第8条 基本規程第16条第4項の規定に基づき、委員長は、必要があると認めたときは、委員以外の者の出席を求め、その意見を聞くことができる。 
(議事録) 
第9条 委員会は、委員会の開催の場所及び日時並びに議決事項その他の事項について議事録を作成しなければならない。 
(庶務) 
第10条 委員会の庶務は、学術情報基盤事務室において処理する。 
(雑則) 
第11条 この要項に定めるもののほか、委員会の運営に関し必要な事項は、別に定める。 
附 則 
1 この要項は、平成29年8月29日から施行する。 
2 この要項施行の際、第3条第1項第6号及び第7号の規定に基づく最初の委員となる者の任期は、第4条の規定にかかわらず、平成30年3月31日までとする。