国立大学法人 総合研究大学院大学 規程集(学外)

トップページに戻る
最上位 > 第11編 学術情報基盤センター
国立大学法人総合研究大学院大学統合部局情報セキュリティ委員会要項
平成29年10月13日
学術情報基盤センター長 
(趣旨)
第1条 この要項は、国立大学法人総合研究大学院大学情報セキュリティ基本規程(法人規程第16号。以下「基本規程」という。)第18条第3項の規定に基づき、統合部局における部局情報セキュリティ委員会(以下「統合部局情報セキュリティ委員会」という。)等に関し、必要な事項を定めるものとする。 
(統合部局情報セキュリティ委員会の審議事項) 
第2条 基本規程第18条第2項の規定に基づき、統合部局情報セキュリティ委員会は、次の各号に掲げる事項を審議する。 
一 統合部局におけるポリシーの遵守状況の調査と周知 
二 統合部局におけるリスク評価 
三 統合部局における緊急時行動計画の策定 
四 統合部局における情報セキュリティインシデントの再発防止策の策定 
五 統合部局における統合部局技術担当者向け情報セキュリティ教育の企画 
六 統合部局における法人情報基盤及び大学情報システムの整備に関する企画 
(統合部局情報セキュリティ委員会の構成員) 
第3条 基本規程第19条第1項の規定に基づき、統合部局情報セキュリティ委員会は、次の各号に掲げる委員をもって組織する。 
一 部局総括責任者 
二 部局総括責任者補佐 
三 部局技術責任者 
四 部局技術担当者 
五 その他部局総括責任者が必要と認める者 
2 統合部局情報セキュリティ委員会に委員長を置き、部局総括責任者をもって充てる。
(任期) 
第4条 前条第1項第4号及び第5号の委員の任期は1年とし、再任を妨げない。ただし、補欠の委員の任期は、前任者の残任期間とする。 
(部局総括責任者及び補佐) 
第5条 基本規程第10条第1項ただし書きの規定に基づき、部局総括責任者は学術情報基盤センター長をもって充てる。 
2 部局総括責任者は、統合部局が運用・管理する法人情報基盤及び大学情報システムの整備・管理・運用方針の決定並びに各種問題に対する処置を担当する。 
3 基本規程第10条第3項の規定に基づき、統合部局総括責任者補佐は先導科学研究科長及び学融合推進センター長をもって充てる。 
4 部局総括責任者補佐は、部局総括責任者の業務を補佐する。 
(部局技術責任者) 
第6条 基本規程第11条第1項に規定する部局技術責任者は、情報基盤推進部長をもって充てる。 
2 部局技術責任者は、統合部局が整備、運用及び管理する法人情報基盤及び大学情報システムの技術的問題に対する処置を担当する。 
3 部局技術責任者は、部局技術担当者及び利用者に対して、ポリシー、実施規程等及び手順等の遵守を確実にするための教育を実施する。 
(部局技術担当者) 
第7条 基本規程第12条第1項に規定する部局技術担当者は、先導科学研究科、学融合推進センター及び学術情報基盤センターに置く。 
2 部局技術担当者は、部局技術責任者が候補者を推薦し、部局総括責任者が任命する。なお、部局技術責任者は、自ら部局技術担当者を兼務することができる。 
3 部局技術担当者は、部局技術責任者の指示により、統合部局における法人情報基盤及び大学情報システムの運用・管理の技術的実務を担当し、利用者への教育を補佐する。 
(事務) 
第8条 統合部局情報セキュリティ委員会の事務は、学術情報基盤事務室において処理する。 
(雑則) 
第9条 この要項に定めるもののほか、統合部局情報セキュリティ委員会に関し必要な事項は、統合部局情報セキュリティ委員会の議を経て、部局総括責任者が別に定める。 
附 則 
1 この要項は、平成29年10月13日から施行する。 
2 この要項施行の際、第3条第1項第4号及び第5号の規定に基づく最初の委員となる者の任期は、第4条の規定にかかわらず、平成30年3月31日までとする。