国立大学法人 総合研究大学院大学 規程集(学外)

トップページに戻る
最上位 > 第2編 法人組織
国立大学法人総合研究大学院大学企画室設置規程
平成30年2月28日
法人規程第1号 
(設置)
第1条 国立大学法人総合研究大学院大学におけるガバナンス及び運営体制の強化を図るため、役員会の下に企画室を設置する。
(業務)
第2条 企画室は、次に掲げる業務を行う。
(1)本学の運営に係る企画・立案に関すること。
(2)企画・立案・意思決定を支援するIR活動に関すること。
(3)全学に関わる国際連携活動に関すること。
(4)全学に関わる広報・社会連携活動に関すること。
(5)大学本部の管理・運営に係る方針の策定に関すること。
(6)その他役員会から付託された事項に関すること。
(組織)
第3条 企画室は、次の各号に掲げる室員をもって組織する。
(1)学長が指名する理事
(2)企画室専任教員(以下「専任教員」という。) 若干名
(3)学長が指名する事務局職員 若干名
(室長)
第4条 企画室に室長を置き、前条第1号の室員をもって充てる。
2 室長は、企画室の業務を掌理する。
(専任教員)
第5条 専任教員は、学長が任命する。
2 専任教員は、企画室の業務に従事する。
(企画室会議) 
第6条 企画室に、企画室の業務及び運営に関する重要事項を審議するため、企画室会議を置く。
2 企画室会議は、次の各号に掲げる者をもって組織する。 
(1)学長 
(2)理事
(3)事務局長 
3 学長は、企画室会議を招集し、その議長となる。
4 学長に事故があるときは、室長である理事が議長の職務を代理する。
5 第2項の規定にかかわらず、議長が特に必要と認めた場合は、特定の部局(研究科、附属図書館、教育開発センター及び学術情報基盤センターをいう。)の長又は当該部局の長が指名する者を加えることができる。
6 企画室会議は、委員の過半数が出席しなければ、会議を開き、議決することができない。
7 企画室会議の議事は、出席委員の過半数をもって決し、可否同数のときは、議長の決するところによる。
(庶務)
第7条 企画室の庶務は、総合企画課において処理する。
(雑則)
第8条 この規程に定めるもののほか、企画室の組織及び運営について必要な事項は、別に定める。
附 則
1 この規程は、平成30年3月1日から施行する。
2 この規程の施行の日から平成30年3月31日までの間、第7条の規定中「総合企画課」とあるのは、「総務課」と読み替えて適用するものとする。
3 国立大学法人総合研究大学院大学連絡協議会規程(平成17年法人規程第10号)は、廃止する。
4 国立大学法人総合研究大学院大学広報委員会規程(平成17年法人規程第17号)は、廃止する。