国立大学法人 総合研究大学院大学 規程集(学外)

トップページに戻る
最上位 > 第6編 大学組織
総合研究大学院大学全学教育委員会規則
平成30年2月28日
大学規則第2号 
一部改正 H30.3.28 
(趣旨)
第1条 この規則は、総合研究大学院大学学則(平成16年学則第1号。以下「学則」という。)第4条第4項の規定に基づき、総合研究大学院大学の大学院に置く全学教育委員会(以下「委員会」という。)の組織及び運営について必要な事項を定めるものとする。
(審議事項)
第2条 委員会は、次に掲げる事項を審議し、及びその処理に当たる。
(1)教育研究に係る基本的・長期的な方策に関する事項のうち、次に掲げる事項
① 本学の教育課程の編成に係る基本的・長期的な方策に関すること。
② 学生の円滑な修学等を支援するために必要な助言、指導その他援助の方針に係る基本的・長期的な方策に関すること。
③ 学生の入学、課程の修了その他学生の在籍及び学位の授与の方針に係る基本的・長期的な方策に関すること。
(2)学則第27条の3に定める特別教育プログラムに関する事項
(3)教育開発センターの運営に関する事項
(4)学長から審議を付託された事項
(5)その他委員会が必要と認めた事項
(組織)
第3条 委員会は、次に掲げる委員をもって組織する。
(1)学長が指名する理事又は副学長
(2)専攻長又は専攻から選出された教員
(3)特別教育プログラム実施規程別表1に定める責任部局の長
(4)教育開発センター専任教員
(5)委員長が指名する教育開発センター協力教員 若干名
(6)その他委員長が指名する者 若干名
(任期)
第4条 前条第2号に規定する委員の任期は、1年とし、再任を妨げない。ただし、補欠の委員の任期は、前任者の残任期間とする。
2 前条第5号及び第6号に規定する委員は、委員長が指名を解除したときは、委員を退任するものとする。
(運営)
第5条 委員会に委員長を置き、第3条第1号の委員をもって充てる。
2 委員長は、委員会を招集し、その議長となる。
3 委員長に事故があるときは、あらかじめ委員長が指名した委員が議長の職務を行う。
(定足数)
第6条 委員会は、委員の過半数が出席しなければ、会議を開き、議決することができない。
2 委員がやむを得ない事情により委員会に出席できないときは、代理を出席させることができる。
3 委員が、前項の規定により代理を出席させるときは、議長にあらかじめ申し出なければならない。
(議事)
第7条 委員会の議事は、別に定めがある場合を除き、出席委員の過半数をもって決し、可否同数のときは、議長の決するところによる。
(委員以外の者の出席)
第8条 委員会は、委員長が必要と認めたときは、委員以外の者に出席を求め、その意見を聴くことができる。
(特別教育プログラム委員会)
第9条 委員会に、特別教育プログラムの各プログラムの責任部局として、特別教育プログラム委員会を置く。
2 特別教育プログラム委員会について必要な事項は、特別教育プログラム実施規程に定める。
(専門部会)
第10条 前条に定めるもののほか、委員会に、特定の事項を処理するため、専門部会を置くことができる。
2 前項の規定により専門部会が処理した事項は、委員会に報告しなければならない。
3 専門部会の組織及び運営その他必要な事項は、別に定める。
(事務)
第11条 委員会に関する事務は、学務課において処理する。
(雑則)
第12条 この規則に定めるもののほか、委員会の組織及び運営に関し必要な事項は、別に定める。
附 則
1 この規則は、平成30年4月1日から施行する。
2 教学委員会規程(平成24年大学規程第2号)は、廃止する。
附 則(平成30年3月28日大学規則第8号)
 この規則は、平成30年4月1日より施行する。