国立大学法人 総合研究大学院大学 規程集(学外)

トップページに戻る
最上位 > 第3編 法人庶務
国立大学法人総合研究大学院大学全学評価実施委員会細則
平成30年6月27日
法人細則第5号 
(目的)
第1条 この細則は、国立大学法人総合研究大学院大学全学評価委員会規程(平成30年法人規程第38号)第9条の規定に基づき設置する国立大学法人総合研究大学院大学全学評価実施委員会(以下「実施委員会」という。)について必要な事項を定めるものとする。
(任務)
第2条 実施委員会は、次の各号に掲げる業務を処理する。
(1)自己点検・評価及び外部評価に関すること。
(2)認証評価及び法人評価への対応に関すること。
(3)大学評価において指摘された問題点の改善に関すること。
(4)前各号に掲げるほか、大学評価に関し必要なこと。
(組織)
第3条 実施委員会は、次の各号に掲げる委員をもって組織する。
(1)教育を担当する理事・副学長
(2)専攻から選出された教員
(3)教育開発センター専任教員
(4)その他委員長が指名する者 若干名
(任期)
第4条 前条第2号の委員の任期は、2年とし、再任を妨げない。ただし、欠員が生じた場合の補欠の委員の任期は、前任者の残任期間とする。
2 前条第4号の委員は、委員長が指名を解除したときは、委員を退任するものとする。
(委員長)
第5条 実施委員会に委員長を置き、第3条第1号の委員をもって充てる。
2 委員長は、委員会を招集し、その議長となる。
(定足数)
第6条 実施委員会は、委員の過半数が出席しなければ、会議を開き、議決することができない。
(議事)
第7条 実施委員会の議事は、出席委員の過半数をもって決し、可否同数のときは、議長の決するところによる。
(作業部会)
第8条 実施委員会に、特定の事項について処理するため、必要に応じて、作業部会を置くことができる。
2 作業部会に関し必要な事項は、別に定める。
(庶務)
第9条 実施委員会の庶務は、総合企画課において処理する。
(雑則)
第10条 この細則に定めるもののほか、実施委員会に関し必要な事項は別に定める。
附 則
 この細則は、平成30年7月1日から施行する。