国立大学法人 総合研究大学院大学 規程集(学外)

トップページに戻る
最上位 > 第3編 法人庶務
総合研究大学院大学シンボルマーク要項
平成3年12月3日
学長決裁
 
一部改正 10.4.8/20.3.27
(趣旨)
第1 総合研究大学院大学(以下「本学」という。)のシンボルマークについては、この要項の定めるところによる。
(シンボルマーク)
第2 本学のシンボルマークは、別図のとおりとする。
(目的)
第3 本学発行の刊行物・印刷物(要覧、ポスター、封筒等)、レターヘッド及び旗等に使用するものとする。
(意図)
第4 シンボルマークが意図するものは次のとおりとする。
一 8つの円は、「八」の末広がりを意味しており、本学創設の理想に向かつて、一層発展することを意味している。
二 それぞれの円がつながっているのは、本学と基盤機関との緊密な連係・協力を表している。
三 円は、調和を意味し、外周の円の内側半分が内の円に向かつているのは、大学としての一体性を確保するとともに基盤機関の伝統と独自性並びに国内外に開かれた運営上の特色を活かした高度の教育研究を行い、教育研究の総合性を発揮することを意味している。
四 外周の円の外側半分が外に広がつているのは、新しい先導的学問分野の創造と展開、幅広い視野をもち、かつ独創性豊かな研究者が養成されることを期待している。
(使用)
第5 シンボルマークは、その意図するものを損なわないよう配慮し、使用するものとする。
(色)
第6 シンボルマークの色は、原則として、2色(分解色:M70+C100+B10、特色:F32)とし、外周の円の内側半分と中心の円は同色及び外周の円の外側半分と中心の円の外側は同色とする組み合わせとする。
2 シンボル旗は、外周の円の内側半分と中心の円は白色とし、外周の円の外側半分と中心の円の外側はネイビーブルーとする。
(雑則)
第7 この要項に定めるもののほか、シンボルマークの使用等について必要な事項は、別に定める。
附 則
  この要項は、平成3年12月3日から施行する。
附 則
  この要項は、平成10年4月8日から施行し、平成10年4月1日から適用する。
附 則(平成20年3月27日学長決裁)
  この要項は、平成20年3月27日から施行する。
 
別図
シンボルマーク
images