国立大学法人 総合研究大学院大学 規程集(学外)

トップページに戻る
最上位 > 第8編 研究科 > 第4章 複合科学研究科
総合研究大学院大学複合科学研究科統計科学専攻教育研究委員会規程
平成16年4月15日
大学規程複研統第3号 
改正 平成17年3月10日 
改正 平成19年3月14日 
改正 平成21年3月11日 
改正 平成22年4月16日 
改正 平成22年7月14日 
改正 平成28年5月13日 
(趣旨)
第1条 この規程は、総合研究大学院大学複合科学研究科統計科学専攻委員会規程(平成16年大学規程複研統第1号)第9条の規定に基づき、複合科学研究科統計科学専攻教育研究委員会(以下「委員会」という。)の構成及び運営に関し必要な事項を定める。
(審議事項)
第2条 委員会は、学生の募集案内・広報、科目等履修生・聴講生及び研究生の入学の選考、専攻における学生の教育研究及び研究指導の計画、その実施並びに学生の厚生補導及び奨学に関し専攻長が必要と認めた事項を審議する。
(構成等)
第3条 委員会は、各教育研究指導分野の研究教育職員のうちから教授又は准教授1名以上選出し、6名をもつて構成する。
2 専攻長が必要と認めるときは、前項に規定する委員を増員することができる。
(任期)
第4条 委員会の委員の任期は、2年とし再任を妨げないものとする。ただし、前条第2項に規定する委員の任期は、専攻長が別に定める。
(議長)
第5条 委員会に委員長を置き、専攻長が指名した教授又は准教授をもつて充てる。
2 委員長は、議長の職務を行う。
3 委員長に事故があるときは、委員長があらかじめ指名する委員が議長の職務を行う。
(定足数)
第6条 委員会は、委員の過半数が出席しなければ、議事を開くことができない。
2 委員会の議事は、出席委員の過半数をもつて決し、可否同数のときは、議長の決するところによる。
(委員以外の者の出席)
第7条 委員会が必要と認めるときは、委員以外の者を会議に出席させ、その意見を聴くことができる。
(報告)
第8条 委員長は、委員長が必要と認めるとき、又は専攻長から求められたときは、委員会の審議の状況を専攻委員会に報告しなければならない。
(事務)
第9条 委員会の事務は、情報・システム研究機構極地研・統数研統合事務部企画グループ(統数研担当)において処理する。
(雑則)
第10条 この規程に定めるもののほか、委員会の運営その他必要な事項は、専攻長が別に定める。
附 則
 この規程は、平成17年4月1日から施行する。
附 則
 この規程は、平成19年4月1日から施行する。
附 則
 この規程は、平成21年4月1日から施行する。
附 則
 この規程は、平成22年4月1日から施行する。
附 則
 この規程は、平成22年7月14日から施行し、平成22年7月1日から適用する。
附 則 
 この規程は、平成28年5月13日から施行する。