国立大学法人 総合研究大学院大学 規程集(学外)

トップページに戻る
最上位 > 第8編 研究科 > 第2章 物理科学研究科
宇宙科学専攻における学位認定評価基準に関する申合せ
平成26年1月 10日
宇宙科学専攻申合わせ
(趣旨)
大学院設置基準第十四条の二(成績評価基準等の明示等)2 「大学院は、学修の成果及び学位論文に係る評価並びに修了の認定に当たっては、客観性及び厳格性を確保するため、学生に対してその基準をあらかじめ明示するとともに、当該基準にしたがつて適切に行うものとする。」に基づき、学位認定評価基準を下記のとおり申し合わせる。
(論文)
論文は、新規性、創造性、独創性を有し、学問の進歩に新たに重要な貢献をなすものと認められる宇宙理工学分野に関する学術的価値を有するものであることを評価基準とする。また、論文は、単独で遂行した研究もしくは主要な役割を果たした共同による研究に基づくものであることを要する。
(試験)
試験においては、博士の学位の授与を受けようする者が、国際的に活躍できるコミュニケーション力と当該研究領域全般に関して卓越した知識を持ち、独立して創造的研究を遂行できる能力を獲得しているかどうかを評価基準とする。