国立大学法人 総合研究大学院大学 規程集(学外)

トップページに戻る
最上位 > 第3編 法人庶務
国立大学法人総合研究大学院大学職員証取扱要項
平成31年2月21日
学 長 裁 定 
(趣旨)
第1条 この要項は、国立大学法人総合研究大学院大学(以下「法人」という。)の発行する職員証の取扱について必要な事項を定める。
(様式)
第2条 職員証の様式は、別紙様式1のとおりとする。
(発行)
第3条 学長は、国立大学法人総合研究大学院大学基本通則(平成16年基本通則第1号)第5条に定める役員及び同第14条に基づき任命する職員(以下「役職員」という。)に職員証を発行する。ただし、学長が業務上必要と認める者又は要しないと判断した者は、この限りではない。
2 職員証の発行日は、平成31年4月1日を起算日とする5年ごとの4月1日とする。(以下、この日を「定期発行日」という。)ただし、定期発行日以降に採用された者の発行日は、採用の日とする
(有効期間)
第4条 職員証の有効期間は、発行日から次回の定期発行日の前日までとする。ただし、任期を付した役職員に係る職員証の有効期間は、その任期の末日までとする。
(再発行)
第5条 職員証を発行された者は、次の各号のいずれかに該当するときは、別紙様式2により直ちに学長に当該職員証を添えて(第一号を除く)提出し、再発行を受けなければならない。
(1)職員証を紛失したとき。
(2)職員証の記載事項に変更があったとき。
(3)汚損等により使用に耐えなくなったとき。
(4)その他職員証の再発行が必要になったとき。
(返納)
第6条 職員証を発行された者は、次の各号のいずれかに該当するときは、速やかに職員証を学長に返納しなければならない。
(1)役職員でなくなったとき。学長が業務上必要と認める者にあっては、その認める理由を失ったとき。
(2)職員証の有効期間が満了したとき。
(3)職員証の再発行を受けた後において、紛失した職員証を発見したとき。
(貸与等の禁止)
第7条 職員証は、他人に貸与し、又は譲渡してはならない。
(事務)
第8条 職員証に係る事務は、総務課において行う。
(雑則)
第9条 この要項に定めるもののほか、この要項の実施に関し必要な事項は、学長が別に定める。
附 則
 この要項は、平成31年4月1日から施行する。
 
別紙様式1 
別紙様式2