国立大学法人 総合研究大学院大学 規程集(学外)

トップページに戻る
最上位 > 第3編 法人庶務
国立大学法人総合研究大学院大学における施設及び設備、学生支援並びに学生の受入に係る自己点検・評価細則
平成31年3月27日
法人細則第1号 
(趣旨)
第1条 この細則は、国立大学法人総合研究大学院大学(以下「本学」という。)における教育研究活動等(各専攻の教育課程に関することを除く。)に関して行う自己点検・評価の方法について必要な事項を定めるものとする。
(対象事項及び実施主体)
第2条 この細則に基づき自己点検・評価を行う対象事項及び実施主体は、次の各号に掲げるとおりとする。
(1)施設及び設備
イ ロ及びハ以外      財務・マネジメント委員会
ロ ICT環境に係るもの  学術情報基盤センター運営委員会
ハ 附属図書館に係るもの  附属図書館運営委員会
(2)学生支援  全学学生支援委員会
(3)学生受入  全学入試監理委員会
2 前項の規定にかかわらず、国立大学法人総合研究大学院大学と大学共同利用機関法人及び独立行政法人宇宙航空研究開発機構との連係協力に関する協定書(平成22年3月31日締結)別表に掲げる研究科の専攻の利用に供される基盤機関の施設及び設備については、当該専攻において自己点検・評価を行うものとする。
(自己点検・評価の基準等)
第3条 前条各号に掲げる事項に関して行う自己点検・評価は、独立行政法人大学改革支援・学位授与機構が定める大学機関別認証評価に係る大学評価基準(平成30年3月改定)の領域4及び領域5の各基準に照らして判断を行うものとする。
2 基準ごとの自己点検評価は、別紙に示す分析項目ごとに分析の手順に従って分析するものとする。
(実施時期)
第4条 前2条の規定により行う自己点検・評価は、全学評価委員会が別に定める期間ごとに行うものとする。
(雑則)
第5条 この細則に定めるもののほか、必要な事項は、別に定める。
附 則
 この細則は、平成31年3月27日から施行し、平成31年3月1日から適用する。
 
(別紙)第3条第2項関係