国立大学法人 総合研究大学院大学 規程集(学外)

トップページに戻る
最上位 > 第4編 法人人事
国立大学法人総合研究大学院大学教員評価実施規程
平成31年3月27日
法人規程第2号 
(趣旨)
第1条 この規程は、国立大学法人総合研究大学院大学(以下「本学」という。)における教員個人の教育研究活動等の業績評価(以下「教員評価」という。)の実施に関し、基本的事項について定める。
(定義)
第2条 この規程において、次の各号に掲げる用語の意義は、当該各号に定めるところによる。
(1)部局  先導科学研究科、附属図書館、教育開発センター、学術情報基盤センター、及び企画室をいう。
(2)部局長 前号に規定する部局の長をいう。
(評価の目的)
第3条 教員評価は、次の各号に掲げる目的のために実施する。
(1)教員が、自己の活動を点検し、自己評価することによって、本学の教育研究活動等の活性化を促進する。
(2)教員評価による活動の改善等の取組により、本学の高等教育機関としての教育研究の質を保証する。
(対象者)
第4条 教員評価は、次の各号に掲げる者を対象として実施する。
(1)国立大学法人総合研究大学院大学職員就業規則(平成16年法人規則第4号)に定める教員
(2)国立大学法人総合研究大学院大学特定有期雇用職員就業規則(平成19年法人規則第7号)に定める教員
(3)国立大学法人総合研究大学院大学特任教員就業規則(平成24年法人規則第1号)に定める特任教員
(評価者)
第5条 教員評価は、原則として部局長が実施する。
(評価期間)
第6条 教員評価の評価期間は、原則、次の各号に掲げるとおりとする。
(1)第4条第1号に掲げる者は、1月1日から12月31日の期間
(2)第4条第2号及び第3号に掲げる者は、4月1日から翌年の3月31日の期間
2 教員評価は、評価結果が確定する期間の前年又は前年度の業績により行う。
(評価領域)
第7条 教員評価は、原則として次の各号に掲げる評価領域について実施する。
(1)教育
(2)研究
(3)社会貢献
(4)大学運営
2 前項の規定にかかわらず、部局長は、部局の設置目的及び対象者の職務内容に応じて、前項に代わる評価領域を定め、又は前項各号に定めるもののほか必要と認める評価領域を加えて教員評価を実施することができる。
(評価項目)
第8条 教員評価の評価項目は、前条の評価領域を踏まえ別に定める。
(評価基準)
第9条 教員評価の評価基準は、別に定める。
(評価の実施)
第10条 教員は、毎年又は毎年度、第8条に定める評価項目に関して自己評価書を作成し、部局長に提出するものとする。
2 部局長は、評価基準に基づき自己評価書により、教員ごとに教員評価を実施する。
3 部局長は、教員評価を実施するに当たって、必要に応じて教員から意見を聴取することができる。
4 部局長は、評価終了後、自己評価書とともに評価結果報告書を学長に提出するものとする。
(評価の確定)
第11条 学長は、役員会の議を経て評価を確定する。
2 学長は、確定した評価結果を対象者及び部局長に通知する。
(異議申立て)
第12条 教員は、評価結果について意見があるときは、学長に対して異議を申立てることができる。
(評価結果の活用)
第13条 評価結果は、教員自らの諸活動の改善、活性化等に役立てるとともに、本学の教育研究活動等の改善等に役立てるものとする。
2 学長又は部局長は、評価結果を踏まえ、必要に応じて適切な指導、助言を行うものとする。
3 学長は、評価結果を踏まえ、給与等の処遇に反映させる。
(その他)
第14条 この規程に定めるもののほか、教員評価の実施に関し、必要な事項は別に定める。
附 則
 この規程は、平成31年4月1日から施行する。