国立大学法人 総合研究大学院大学 規程集(学外)

トップページに戻る
最上位 > 第8編 研究科 > 第1章 文化科学研究科
総合研究大学院大学文化科学研究科日本文学研究専攻における課程博士の学位授与に係る予備審査の手続きに関する細則
令和元年12月11日 
大学細則文研文第1号 
(趣旨) 
第1条 この細則は、総合研究大学院大学文化科学研究科における課程博士の学位授与に係る論文審査等の手続き等に関する規程(平成3年規程文研第2号。以下「規程」という。)第3条第2項及び第11条の規定に基づき、文化科学研究科日本文学研究専攻(以下「専攻」という。)が行う課程博士の学位授与に係る予備審査の手続きについて定めるものとする。 
(必要な書類) 
第2条 規程第3条第2項に規定する専攻が行う予備審査を受けようとする者は、専攻が別に定める日までに、主任指導教員の承認を得て、次の各号に掲げる書類を専攻長に提出するものとする。 
(1)博士論文審査出願論文草稿等 
(2)その他の参考資料 
(予備審査委員会) 
第3条 専攻長は、前条各号の書類を受理したときは、専攻委員会の議を経て、次の各号に掲げる者で予備審査委員会を組織するものとする。 
(1)専攻の教授、准教授、講師又は助教 
(2)予備審査を出願した者(以下「出願者」という。)の研究指導を担当する教員 
(3)その他専攻委員会が必要と認めた者
(予備審査委員会の審査等) 
第4条 予備審査委員会は、出願者の在学期間、単位修得状況、研究指導を受けた状況等の確認を行うとともに、博士論文の審査及び試験に出願することの適否について審査するものとする。 
2 前項の審査は、規程第4条第1項に規定する出願期間の最初の日の前日までに行うものとする。 
(専攻長への報告等) 
第5条 予備審査委員会は、前条第1項の結果を専攻長に報告するものとする。 
2 専攻長は、予備審査の結果を出願者に通知するものとする。
(予備審査の評価基準とその明示) 
第6条 予備審査に係る評価の基準等については、授業計画その他専攻長が別に定める。 
2 前項に規定する評価の基準等は、あらかじめ出願者に明示するものとする。 
(雑則) 
第7条 この細則に定めるもののほか、出願期間及び必要な様式等予備審査の手続きの実施に関して必要な事項は、専攻が別に定める。 
附 則(令和元年12月11日大学細則文研文第1号) 
 この細則は、令和元年12月11日から施行する。