国立大学法人 総合研究大学院大学 規程集(学外)

トップページに戻る
最上位 > 第8編 研究科 > 第1章 文化科学研究科
総合研究大学院大学文化科学研究科日本文学研究専攻学位論文審査基準
令和元年12月11日 
日本文学研究専攻委員会 
(趣旨) 
第1条 この基準は、総合研究大学院大学文化科学研究科における課程博士の学位授与に係る論文審査等の手続き等に関する規程(平成3年規程文研第2号)第11条に基づき、文化科学研究科日本文学研究専攻(以下「専攻」という。)が行う課程博士の学位授与に係る論文審査等の評価基準等について定めるものとする。 
(学位論文審査の基準) 
第2条 博士論文の審査は、総合研究大学院大学が定める専攻の学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)に則して、次の各号に掲げる項目の評価及び博士論文の内容全体にわたる講評を行い、総合的に判定するものとする。 
(1)研究目的が明確で、学術的意義があること。 
(2)研究目的が達成されていること。 
(3)適用した方法が、研究目的に対して有効・適切であること。 
(4)構成・形式が整っていること。 
(5)研究の目的と方法に必要な先行研究を踏まえていること。 
(6)専門分野の知識を十分に持っていること。 
(7)論理・用語・文章表現が適切・明快であること。 
2 前項各号の項目は、それぞれ5段階の評点(5たいへん優れている、4優れている、3ふつう、2やや欠陥が目立つ、1不適格)により、評点合計(35点満点)をもって評価する。 
3 博士論文の講評は、第1項第4号から第7号の評価に関して、不十分、不適切又は訂正が必要となる箇所若しくは踏まえる必要のある先行研究の著者及び論文名等を指示することを含めるものとする。 
(準用)
第3条 専攻が行う課程博士の学位授与に係る予備審査の評価基準等については、博士論文審査出願論文草稿等の審査は、審査制度の確立した学術雑誌に掲載され得る程度のもので独自に作成されたものであることを要件とするほか、前条までの基準を準用する。 
2  専攻が行う論文博士の学位授与に係る論文審査等及び予備審査の評価基準等については、総合研究大学院大学における論文博士の学位授与に係る論文審査等の手続き等に関する規程(平成5年大学規程第1号)第4条第4項の規定によるほか、前項までの基準を準用する。
附 則 
1 この基準は、令和元年12月11日から適用する。 
2 総合研究大学院大学文化科学研究科日本文学研究専攻における学位授与に係る予備審査及び博士論文審査等の審査基準並びに方法に関する申し合わせ(平成18年1月12日)は廃止する。