国立大学法人 総合研究大学院大学 規程集(学外)

トップページに戻る
最上位 > 第5編 法人会計
国立大学法人総合研究大学院大学防犯カメラ設置・運用基準
令和3年1月13日
学長裁定
(趣旨)
第1条 この基準は、国立大学法人総合研究大学院大学(以下「本学」という。)葉山キャンパス構内に設置する防犯カメラの設置及び運用について、必要な事項を定めるものとする。
(定義)
第2条 この基準において防犯カメラとは、犯罪の予防を目的として構内の一定の場所に継続的に設置される撮影装置で、画像表示装置及び録画装置を備えるものをいう。
(設置基準)
第3条 防犯カメラの設置は、個人のプライバシー保護に配慮しながら、構内の安全を確保し、犯罪を未然に防止する目的を達成するため、防犯カメラの設置場所、設置台数及び撮影範囲は別表に掲げる必要最小限とし、特定の個人等を遠隔操作等で継続的に撮影してはならない。
(総括管理責任者等)
第4条 防犯カメラ、画像の管理及び運用を総括する責任者として、総括管理責任者を置き、理事(総務・財務担当)をもって充てる。
2 総括管理責任者を補佐するため、管理責任者を置き、財務課長をもって充てる。
3 管理責任者は、防犯カメラの操作及び画像の管理を担当する者として、管理担当者を置き、管理責任者が指名した者をもって充てる。
4 防犯カメラ、画像の管理、運用及び操作を行うことができる者は、総括管理責任者、管理責任者、管理担当者(以下「総括管理責任者等」という。)に限るものとする。
5 前項に関わらず、統括管理責任者は、管理運用上必要と認める者に対し、防犯カメラの画像の閲覧をさせることができる。
(画像の管理等)
第5条 総括管理責任者等は、画像の不正利用、外部流出、改ざん、遺失等の防止に努め、次に掲げる管理、運用及び操作を行わなければならない。
一 画像の不必要な複製、加工又は印刷を行わないこと。
二 記録媒体を保管する場合は、保管庫に施錠して管理すること。
三 防犯カメラの録画装置の設置場所は、関係者以外の立入を制限するなど、防護された場所に保管すること。
四 画像の外部持ち出しを禁止すること。
五 画像の保存期間又は上書き消去までの期間は、原則として撮影された日から起算して、最長で14日間以内とし、当該期間経過後は、速やかに消去又は廃棄の処理を行うこと。ただし、犯罪行為などの証拠を保全するなどの必要がある場合は、この限りではない。
六 前各号に掲げるもののほか、画像の不正利用、外部流出、改ざん等を防止すること。
(画像の目的外利用)
第6条 管理責任者等は、次の各号のいずれかに該当する場合を除き、設置目的以外の目的で画像を利用し、又は提供してはならない。
一 画像から識別される特定の個人(以下「本人」という。)から、国立大学法人総合研究大学院大学保有個人情報開示等実施規程(平成17年3月18日法人規程第3号)第4条に基づく本人の画像の開示請求があり、学長が開示することを決定したとき。
二 個人の生命、身体又は財産の保護のため、総括管理責任者が、緊急かつやむを得ない理由があると認めたとき。
三 画像が本学において生じた刑事事件、民事事件等に関連する情報を含む可能性がある場合に、法令に基づき司法機関、警察署等から情報提供の照会又は要請があったとき。
四 その他、総括管理責任者が特に必要と認めたとき。
(苦情等への対応)
第7条 総括管理責任者は、防犯カメラ及び画像の運用に関する苦情、問合せ等があった場合は、その対応方法等について適切かつ迅速に対応するよう努めなければならない。
2 前項の場合において、総括管理責任者が慎重な対応が必要と認める場合にあっては、
学長に報告し了承を得た上で対応するものとする。
3 総括管理責任者は、前項の対応が終了した場合は、その内容及び対応の結果について、速やかに学長へ報告するものとする。
(外部委託における取扱い)
第8条 防犯カメラ、画像の管理及び運用において、その一部の業務を外部の業者に委託する場合は、国立大学法人総合研究大学院大学個人情報保護規程(平成17年3月18日法人規程第2号)第40条の規定に基づき行うとともに、当該委託業者に対しこの基準及び本学の個人情報保護に係る諸規程を遵守させなければならない。
(守秘義務等)
第9条 画像を閲覧した者は、当該画像から知り得た情報を他に漏らしてはならない。
(事務)
第10条 防犯カメラの設置及び運用に関する事務は、総務課の協力を得て、財務課において処理する。
(雑則)
第11条 この基準に定めるものほか、防犯カメラの設置及び運用等に関し必要な事項は、学長が別に定める。
 
別表

設置場所

設置台数

撮影範囲

共通棟1階正面玄関

1台

共通棟1階正面玄関周辺

図書館棟1階出入口

1台

図書館棟1階出入口周辺

 
附 則
 この基準は、令和3年1月13日から施行する。