国立大学法人 総合研究大学院大学 規程集(学外)

トップページに戻る
最上位 > 第4編 法人人事
国立大学法人総合研究大学院大学教員の任期に関する規則
平成22年4月1日
法人規則第17号
一部改正 23.3.28/25.3.26/26.3.27
(趣旨)
第1条 この規則は、大学の教員等の任期に関する法律(平成9年法律第82号。以下「法」という。)第5条第2項の規定に基づき、国立大学法人総合研究大学院大学における教員(常勤の教授、准教授、講師及び助教をいう。以下同じ。)の任期に関し必要な事項を定めるものとする。
(組織及び職等)
第2条 任期を定めて雇用する教員の組織、職及び任期等は、次のとおりとする。

組織等

職名

任期

再任

根拠

部局等

専攻等

分野

可否

任期

回数

先導科学

研究科

生命共生体

進化学専攻

行動生態学分

助教

5年

5年

1回

法第4条第

1項第1号

科学と社会に

関わる分野

理論生物学分

進化生物学分

(雇用の同意)
第3条 学長は、任期を定めて教員を雇用する場合には、当該雇用される者の同意を文書で得なければならない。
(公表)
第4条 この規則を定め、又は変更したときは、公表するものとする。
(定年規則との関係)
第5条 国立大学法人総合研究大学院大学職員就業規則 (平成16年法人規則第4号) 第21条第2項の規定による定年は、この規則の規定による任期に優先して適用する。
(雑則)
第6条 この規定に定めるもののほか、実施に関し必要な事項は、学長が別に定める
附則(平成22年4月1日法人規則第17号)
  この規則は、平成22年4月1日から施行する。
附 則(平成23年3月28日法人規則第6号)
  この規則は、平成23年4月1日から施行する。
附 則(平成25年3月26日法人規則第6号)
1 この規則は、平成25年4月1日から施行する。
2 改正後の国立大学法人総合研究大学院大学教員の任期に関する規則第2条の規定は、この規則の施行の日以降に雇用する者に適用し、改正前の国立大学法人総合研究大学院大学教員の任期に関する規則の規定に基づき任期を定めて雇用されている教員の任期等は、なお従前の例による。
附則(平成26年3月27日法人規則第3号) 
  この規則は、平成26年4月1日から施行する。